動物病院の診察にかかる料金はいくらする?全国平均も調べてみました

犬いろいろ

毎日、お疲れさまです。

 

さて、今回はいろいろ気になるお金の話シリーズ。

動物病院の診療にかかる費用について調べていきたいと思います。

 

さっそくですが、みなさんはペット友だちと話している時、

こんな会話になったことはありませんか?

「え? ワクチン代○○円もしたの? うちは△△円だったよ~」

診療費1

((なにそれ聞いてない!!))

 

ご存知の方も多いと思いますが、

診療報酬が全国一律の公定価格に設定されていて、健康保険さえ適用されれば

日本全国どこの医療機関でも同じ価格で医療を受けられる人間と異なり

(診療点数法による加算があるので、実際には同じ価格になることは少ないですが)、

動物病院の診療報酬設定は全国一律ではありません。

 

なぜかというと

『料金設定を一定にすることを法律(独占禁止法)が禁止しているため』

だそうです。

 

獣医師の診療料金は、独占禁止法により、獣医師団体(獣医師会等)が

基準料金を決めたり、獣医師同士が協定して料金を設定したりすることが

禁じられています。

 

つまり、現行法のもとでは獣医師は各自が料金を設定し、

競争できる体制を維持しなければならないことになっております。

したがって動物病院によって料金に格差があるのはやむを得ない状況と

言えます。この点についてどうかご理解ください。

参照:公益社団法人日本獣医師会(http://nichiju.lin.gr.jp/small/ryokin.html)

 

ですので、診療費、処置料、手術費、ワクチンの費用はおろか、薬の料金までも、

各動物病院が自由に設定することができることになっています。

 

そのため、同じ内容の治療を受けたり、同じワクチンを接種したりした場合でも

病院によって料金が異なることがある、というわけですね。

 

診療費2

 

そうなると、ちょっと気になることがありますよね。

 

そう。

はたして愛犬がお世話になっている病院の診察料金は

高いのか、はたまた安いのかーー。

 

これについては、先で引用させていただいた日本獣医師会のHPに

掲載されていますので、詳しくはそちらを見ていただきたいなと思うのですが、

せっかくなので私が気になった部分について抜き出してみたいと思います。

 

興味があれば、お付き合いくださいませ。

 

表1.日本獣医師会HPデータの一部(診察料・処置費など)

まずは、日本獣医師会のホームページに掲載されているデータについて、

いくつか抜き出してみます。

 

名目中央値
【診察料】初診料1,386円
再診料726円
往診料2,232円
時間外診療(平日)2,324円
時間外診療(休診日)2,646円
時間外診療(深夜)4,513円
【入院料】犬・小型2,729円
犬・中型3,491円
犬・大型4,201円
犬・特大4,753円
2,619円
ICU3,788円
【文書料】診断書1,983円
【注射料】皮下注射1,425円
筋肉注射1,433円
静脈注射1,812円
経留置針注射2,117円
【輸液】静脈内2,999円
皮下1,952円
狂犬病予防接種2,944円
犬混合ワクチン(5種・6種)6,388円
犬混合ワクチン(8種~10種)8,180円
猫混合ワクチン(Felv含む)6,514円
【輸血】10,542円
10,283円
【一般処置】点眼143円
点耳324円
点鼻150円
洗浄1,334円
爪切り725円
肛門嚢圧出739円
【カテーテル留置】血管確保1,922円
食道4,228円
6,845円
尿道2,687円
【人工透析】血液透析15,000円
【泌尿生殖器】分娩助産4,900円
難産介助6,238円
【眼科】結膜異物除去963円
睫毛処置1,126円
【耳鼻科】外耳処置1,256円
【歯科・口腔外科】歯石除去8,849円
抜歯3,491円
【緊急処置】心肺蘇生(非開胸)5,871円
心肺蘇生(開胸)20,238円
【麻酔料】局所麻酔2,085円
硬膜外麻酔5,556円
鎮静3,326円
全身麻酔10,020円

 

表2.日本獣医師会HPデータの一部(検査・手術・治療費など)

名目中央値
【不妊治療】猫去勢12,652円
犬去勢17,675円
猫避妊(卵巣子宮切除)20,986円
犬避妊(卵巣子宮切除)27,413円
【眼】緑内障17,419円
白内障10,000円
【耳】耳血腫17,874円
【呼吸器】気管虚脱41,000円
横隔膜ヘルニア47,259円
【消化器】胃切除50,000円
腸切除・吻合46,397円
直腸脱32,392円
【肝臓・胆嚢・脾臓】肝葉切除50,572円
胆嚢切除54,315円
脾臓摘出43,510円
【泌尿器】腎臓摘出49,150円
腎臓切開48,962円
尿管切開44,309円
膀胱腫瘍切除45,714円
【生殖器】子宮蓄膿症41,131円
子宮腫瘍41,122円
前立腺腫瘍45,133円
【体表】肛門周囲腺腫30,867円
肛門嚢切除32,201円
臍ヘルニア19,460円
【整形外科】上腕骨骨折49,410円
大腿骨骨折51,448円
骨盤骨折67,411円
【血液検査】採血料727円
生化学検査4,625円
フィラリア検査(抗原検査)2,113円
【糞便検査】採取料0円
直接法737円
【尿検査】採取料(圧迫)0円
採取料(カテーテル採尿)1,127円
【皮膚検査】被毛検査862円
【生検】細胞診(採取料)651円
組織診(内視鏡下)11,098円
【エックス診断】単純透視3,354円
造影透視5,921円
【超音波検査】心エコー3,698円
腹部エコー3,204円
【MRI検査】MRI検査50,000円以上
【健康診断】1日ドッグ14,021円

 

表2についての補足

各アンケートは、「体重 10kg での料金をお知らせください」という

条件のもとで動物病院に提示されていました。

おそらく、検査や手術などの費用は犬の大きさによって変わるためでしょう。

 

ということで、10kg以下の犬や大型犬では中間値は異なると思います。

その点、ご承知おきください。

 

さて、【中央値】というのはおそらく

回答があった中での平均値』のことかと思われます。

 

いかがでしょうか?

中央値より安かった、高かった。いろいろあるかと思います。

 

私がかかっている病院の料金はだいたい中央値か、

もしくはそれよりほんの少しだけ安いかなぁ、という感じでした。

 

先に述べたように、上記の表は日本獣医師会の調査資料のほんの一部です。

 

「全部知りたい!」

という方は日本獣医師会のホームページから、ご確認いただければと思います。

参照:http://nichiju.lin.gr.jp/small/ryokin.html

 

スポンサーリンク

上記表1、2を見る上での注意点

この日本獣医師会の調査資料をお読みいただければ、すぐにわかることなのですが、

 

本調査結果は、平成26年に実施した実態調査により、

全国1,365名の小動物臨床獣医師及び、

3096名の一般飼育者の皆様から得られた回答を元に集計したものです。

参照:公益社団法人 日本獣医師会(http://nichiju.lin.gr.jp/small/ryokin.html)

 

とあるように、全国すべての動物病院に対して行ったアンケートではありません

 

ちなみに、平成26年度に日本にどれだけ動物診療施設があったかというと

農林水産省の都道府県別飼育動物診療施設の開設届出状況によれば15,198

 

同じ施設に獣医師が多数勤務することもあるでしょうから、

獣医師数で考えればもっと多い。

 

ということは、このアンケートは少なく見積もっても全国の10%ほどからしか

聞き取れていない、というわけです。あらら。

 

とはいえ、今はこのデータくらいしか診療報酬に関するものがないので、

こちらを参考にするしかないのですが、

全国のうちの10%以下(100人中10人以下)の意見ですから、

このデータをもってして「中央値が●●円だから、ちょっと負けなさいよ!!」

なんてご無体は仰らないようにしてくださいね(笑)

 

 

要チェックポイントは【差額】

ーーさて

とりあえず、先に診察料や手術関連費の中央値を見ていただいたわけですが、

実は私がお伝えしたいのは、この中央値ではありません。

 

じゃあ何かというと、それは『差額』

これも見てもらった方が早いので、一部データを抜粋してみますね。

 

【H.文書料】(診断書)

料金回答件数
1無料118件
2500円未満16件
3500円~1,000円未満131件
41,000円~2,000円未満417件
52,000円~3,000円未満356件
63,000円~5,000円未満282件
75,000円~7,500円未満26件
87,500円~10,000円未満2件
910,000円~12,500円未満0件
1012,500円~15,000円未満0件
1115,000円~17,500円未満0件
1217,500円~20,000円未満0件
1320,000円~25,000円未満1件
1425,000円~30,000円未満0件
1530,000円~40,000円未満0件
1640,000円~50,000円未満0件
1750,000円以上1件
18対応外10件
無回答5件
全体1,365件

 

こちらは、診断書(31頁参照)の作成にかかる費用の調査結果です。

何がいいたいのか、おわかりいただけますでしょうか?

 

せっかくなので、もうひとつ見てみましょうか。

 

【P-1.不妊手術】(犬去勢)

料金 回答件数
15,000円未満7件
25,000円~10,000円未満143件
310,000円~15,000円未満280件
415,000円~20,000円未満443件
520,000円~25,000円未満274件
625,000円~30,000円未満96件
730,000円~40,000円未満41件
840,000円~50,000円未満7件
950,000円~75,000円未満1件
1075,000円~100,000円未満3件
11100,000円~150,000円未満9件
12150,000円~200,000円未満17件
13200,000円~250,000円未満8件
14250,000円~300,000円未満2件
15300,000円以上3件
16対応外18件
無回答13件
全体1,365件

 

スポンサーリンク

 

こちらは、もっと開きが大きいですね。

 

一番多い回答の15,000円~20,000円(443件)に対して、

最高額では30万円以上かかる病院も。

 

その差、28万円以上……。

 

……いや、いやいや。

も、もしかしたら、入院室が最高級スイートみたいな部屋で、

保護者さんも一緒に泊まれるプランなのかも!!(;゚Д゚)

sweetroom

 

それに、ほら!!

診断書だって無料のところはただのコピー用紙なのが、

5万円以上のやつは最高級手漉き和紙に

有名書道家が毛筆で書いてくれるのかもしれませんしね!(汗)

 

……なので、まぁ、一概に料金だけで批判したりはできないとは思いますが、

公的保険のない動物を育てていらっしゃる方には

「同じ治療内容でも、病院によってこれだけ差があることがあるんだよ」

ということだけはお伝えしときたいと思った次第であります。

 

まとめ

 

かかりつけの動物病院(獣医師)を決める際に、最も大事なのは

その病院ないし獣医師を信用できるかどうか、だと思います。

 

そして病院の会計が不透明というのは、とても獣医師不信につながりやすいです。

 

たとえば、手術代が他の病院より高かったとしても、

「どこの病院で受けても開腹手術&1週間の入院が必要だけど、

本病院には日本に1台しかない最新機器があり、

開腹することなく日帰りで治療ができる」

という説明が事前にあっていれば、30万円以上高くても納得できますよね。

 

かかりつけ医を決める際は、獣医師の技術や経験、人柄はもちろん大事ですが、

会計がクリアかどうかも、しっかり見極めるようにしていただきたいと思います。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました(^v^)

コメント