ペットに与えてはダメ!中毒を起こしかねない危険な食べ物など一覧

NG食材
スポンサーリンク

毎日、お疲れさまです。

今回まとめるのは「ペットに与えると中毒を起こしかねない危険な食べ物など」について。

犬猫は赤ん坊と一緒です。

それが体にいいか悪いかなんて判断できません。

信頼する人間から与えられたもので、しかもそれが美味しければ疑うことなく完食します。そういう生き物なんです。(マズければ鼻で押しのけますが。)

以下、該当するものをまとめていきます。

それらが今、テーブルの上に載っていないか注意しながらお読みいただければ幸いです。

興味があれば、お付き合いくださいませ。

肉類

肉

タマネギ・ネギなどを使用した肉料理

トップバッターは「タマネギ」「ネギ」などの「ネギ属」を使用した肉料理全般。いわずと知れた代表的禁忌フードですね。

すき焼き、ハンバーグ、肉団子、コロッケ、肉じゃが等々。

肉との相性がいいので多くの料理に使われています。

こんなに美味しく、人間にとっては健康にいいとさえいわれている「ネギ属」ですが、犬猫がこれらのものを食べた場合、強い溶血作用から貧血、嘔吐、血尿などの症状を経て、最悪の場合死に至ることもある、とても危険な食べ物となります。

ですが、保護者さんさえ気をつけていれば、日常生活において中毒症状を起こすほどの量が体内に入ることはまず考えられません

タマネギの入ったドレッシングをかけた野菜、オニオンフライに使用した油、長ネギ、ニラなどを切った包丁、使用したまな板、ニンニク料理を食べたあとの食器、食べ残しなどなど。考えてみればいろいろあるものです。

これらすべては洗浄するか、または犬猫の目の触れない場所で保管するようにしましょう。

生の豚肉・鹿肉

生の豚肉、鹿肉にはトキソプラズマなどの病原性寄生虫が感染している可能性があります。

加熱すれば死滅しますので、与えるときは必ず加熱した肉を使用するようにしてください。

トキソプラズマは人にも感染します。

健康な方ではあまり神経質になる必要はなさそうですが、妊婦さんのいるご家庭では胎児への影響もありますので、十分にご注意ください

ジビエの生肉

(※ジビエ……狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉)

上と同じく寄生虫や細菌がいる可能性があります。

養殖されたものより細菌感染率は高くなりますので、与える際は肉の中心までしっかり火を通すようにしてください。

牛や豚に比べて臭いが強めですので、犬の嗅覚を刺激します。狩猟で得たジビエの生肉は臭いが漏れないように工夫した後、目につかない場所にしまっておくようにしてください。

スポンサーリンク

動物の骨

肉の味がしみこんだ骨は犬の大好物ですが、加熱した鳥の骨では割れたときに針(棘)状になるともいわれています。食べると消化器官や食道に刺さる可能性があるとのことですので、食べさせないほうが無難です。

犬猫の手(足)の届くゴミ箱に捨てると、ゴミを漁って食べる可能性があります。フライドチキンの骨などを捨てるときは、手(足)の届かない場所へ廃棄するようにしましょう

また牛や豚の骨については、硬い骨を齧り続けることで歯が摩耗したり折れたりするケースが多々報告されていますので、食べさせないほうがいいでしょう。

硬い骨が歯に良くないので、圧力鍋で煮込んで軟らかくなった牛や豚の骨なら大丈夫です。

与える際は、のどに詰まらせないよう目の届く場所で与えるようにしてください。

人用に加工された肉製品

ソーセージやウインナー、ハムやベーコンなどの肉加工品は、みなさんご存知のとおり犬の嗜好性がとても高い食べ物です。

ちょっと食べちゃった、くらいであれば特段問題はありませんが、塩分も高いので、たくさん食べてしまうと塩分過多で腎臓に負担をかけてしまいます。

犬猫が勝手に食べてしまわないよう、管理にはお気をつけください。

卵

生の卵白

生の卵白に含まれる「アビジン」という成分が、毛や皮ふの重要な成分である「ビオチン」の吸収を妨げ、結果、毛艶が悪くなる、皮ふの炎症を起こすなどの症状を引き起こします。

大量に食べなければ影響はないと考えられていますが、卵は常温保管をしているご家庭も多いかと思います。

留守中、犬猫がイタズラして卵パックを割って中身を舐めていた、などということがないよう注意しましょう。

(留守中は、お風呂、トイレ、台所には犬猫が入れないようにしておいた方が何かと安全です。)

乳製品

牛乳

牛の母乳である牛乳と犬猫の母乳は以下のとおり成分がまったく異なります。

牛乳の成分:タンパク質26%、脂肪26%、乳糖40%、ミネラルなど4%

犬の母乳成分:タンパク質33%、脂肪42%、乳糖15%、ミネラルなど10%

猫の母乳成分:タンパク質36%、脂肪40%、乳糖19%、ミネラルなど5%

犬猫では牛乳に比べて母乳に含まれる乳糖の割合がとても低いことがわかります。

乳糖を分解するにはラクターゼと呼ばれる分解酵素が必要なのですが、このラクターゼ、人や牛に比べて犬猫ではその体内保有数が極めて少なく、そのため牛乳を飲むとすべての乳糖を分解することができずお腹を壊しやすい、といわれています。

ですが、これは一般論。

実のところは乳糖耐性は個体差が大きく、牛乳を飲んでも平気な子もいます

とはいえ、飲み過ぎはやはり下痢などの原因になかねません。牛乳が大好きな子はあればあるだけ飲んでしまいますので、与える量は必ず保護者が調整するようにしましょう。

ヨーグルト・チーズなどの乳製品

ヨーグルトやチーズは乳糖が分解・除去されていますので、少量なら与えても問題はありません。

ですが、牛乳と同じで過食は下痢などを起こす危険があります。

また、チーズはものによっては塩分が非常に高くなります。

(例)塩分少なめ:モッツァレラチーズ/塩分高め:プロセスチーズ

これも与える量は必ず保護者が調整し、犬猫が勝手に食べることのないよう注意しましょう。

コーヒーフレッシュ

コーヒーに入れる「ミルク」といいますが、実は中身は「ミルク」ではなく、ただの「油」

与えても百害あって一利なしですので、与えないようにしてください。

スポンサーリンク

魚・魚介類

シーフード

(※猫)白身系の生魚

食べすぎると白身系の生魚に含まれている分解酵素のチアミナーゼがチアミン(ビタミンB1)を破壊し、ビタミンB1欠乏症になります。

ビタミンB1が欠乏すると神経症状(脳の障害)、意識障害などを起こす原因にもなりえます。

大量に摂取しなければ問題はないようですので、食卓上の刺身を勝手に食べられないようにだけご注意ください。

なお、チアミナーゼは加熱すれば効力を失います

魚は猫の必須アミノ酸のタウリンを多く含むという利点もありますので、加熱したものを適量与える分には問題ありません。

(※猫)生のマグロ・青身の魚

マグロの赤身やイワシやサバなどの青身の魚は不飽和脂肪酸が多く、またビタミンEが少ないため、これだけをたくさん食べ続けると不飽和脂肪酸の摂りすぎとビタミンE不足により、体内の脂肪が酸化して黄色脂肪症(イエローファット)状態を引き起こす危険があります。

こちらも大量に、または毎日摂取しなければほとんど問題はありませんが、とくにマグロは嗜好性が高く、好きな子は驚くほどの量を平らげてしまいます。

慢性的な摂取過剰にならないよう、与える量は必ず保護者で調整してください。

鯛などの硬い骨

鯛の中骨、イサキの背びれなど硬く鋭いものは、食道や消化器官などに刺さる恐れがありますので必ず取り除き、また骨の処理も犬猫の手の届かない場所に廃棄するようにしてください。

また、海や河川敷などに散歩に行くと、たまに吊り上げられた魚が打ち捨てられていることがあります。

川沿いの散歩が多い方は拾い食いにも十分ご注意ください。

(河川敷には魚の死骸の他、釣り針、ごみも多いです。怪我などしないようにお気をつけください。)

生のエビ・カニ/イカ・タコなどの魚介類

白身系の生魚と同じく大量に摂取するとビタミンB1欠乏症を引き起こします。

前述のとおり、加熱すればチアミナーゼは効力を失いますので、加熱したものを少量であれば問題はないようです。

ただし、エビ・カニと異なり、イカ・タコは消化があまりよくありません。

与える際は胃腸に負担がかからないよう細かく刻み、食べ過ぎないようにもご注意ください。

貝類(内臓)・ツブ貝

ツブ貝は唾液腺に「テトラミン」という神経を麻痺させる中毒物質を持つため、絶対に食べさせてはいけません。

また、アワビの内臓(中腸腺)にも皮膚炎の原因となる物質が含まれており、皮膚の腫れ、炎症、脱毛、ひどいケースでは部分壊死も起こります。

その他、あさりやホタテ、牡蠣などの二枚貝は餌であるプランクトンが原因で毒をもつことがあります。

内臓(ヒモとウロ)を処理すればいいともいわれていますが、処理も手間ですし、そうまでして与えないといけないものでもありませんので、与えない方が無難かと思います。

人用に加工された魚介加工品

かまぼこやちくわ、すり身や干物などの魚介加工品も肉加工品と同じく塩分が高めです。

ちょっと齧っちゃった、くらいであれば問題はありませんが、塩分過多で腎臓に負担をかけないためにも犬猫が勝手に食べないよう、管理にはお気をつけください。

煮干しやちりめんじゃこ、かつお節なども基本的には(減塩のものを除き)塩分およびマグネシウムの含有量が高めです。

腎臓があまりよくない子はとくに避けたほうがいい食材ですので、ビニール袋を勝手に引き破って食べていた、などということがないよう十分ご注意ください。

野菜・果物・豆類

タマネギ・ネギなどを使用した料理全般

「肉類」の章で述べたとおり、タマネギなどネギ属には強い溶血作用があります。

中毒を起こす量も個体差が大きく、ほんの一口食べただけで貧血や血尿などの症状を発症する子もいます。

中毒耐性が高い子もいますが、わが子の耐性がどのくらいかわからない以上、ほんの少しでも食べないように注意するに越したことはありません。

生のタマネギ、ネギ、ニンニクなどを犬猫が好んで齧ることは考えにくいですが、子犬や子猫の場合、転がっていくそれらをおもちゃと勘違いして遊びながら齧ってしまうかもしれません。

ネギ属のものを使用した肉・魚料理の管理には十分ご注意ください。

生のホウレンソウ

生野菜の状態だと「シュウ酸」を多く含むため尿路結石ができやすい、といわれています。

尿路結石ができるほどの量を生で犬猫が食べるとは考えにくいですが、シュウ酸の推定致死量はヒトの場合で「15~30g」というデータもあります。猫草などの葉ものを好んで食べる子では特にご注意ください。

シュウ酸は水溶性物質ですので、茹でるだけでほとんど流れ出てしまいます。

茹でたものを適量与える分には問題ありません。

もちろん茹で汁は使用不可です。

スポンサーリンク

じゃがいもの芽・緑に変色したじゃがいも

じゃがいも自体は特に問題ありませんが、じゃがいものおよび緑色に変色したじゃがいもには天然毒素の「ソラニン」や「チャコニン」が多く含まれています。

えぐみもあるので勝手に食べることはないと思いますが、転がして遊んでいるうちに誤って口に入ることがないようお気をつけください。

また、シュウ酸と異なり、加熱しても分解しないため含有量は変わりません。

ヒトも動物も、じゃがいもの芽や緑の部分は周辺もがっつり取り除いてから食べるようにしてください。

アボカド

アボカドに含まれる「ペルジン」という成分が下痢や嘔吐を含む胃腸の炎症などを引き起こします。

とくにグアテマラ系に多く含まれ、最悪の場合では、死に至るケースもあるようです。

果実部分だけでなく皮も種も危険です。

目に付かない場所で保管するようにしてください。

山菜類の佃煮、煮つけ

ワラビ・ゼンマイには「チアミナーゼ」が、また、タケノコには「シュウ酸」が含まれます。

チアミナーゼの摂りすぎは生のエビ・カニの章で、シュウ酸の摂りすぎはホウレンソウの章でそれぞれ解説したとおりです。

(タケノコのシュウ酸も加熱すれば減少します。)

そのままのものを犬猫が齧ることはほとんどないと思いますが、かつお節やいりこを使って佃煮にしたり煮つけにした風味豊かなものであれば、勝手に食べてしまうことはあり得ます。

味付けしたものは塩分も多めですので、しっかり蓋ないしラップをしておきましょう。

ぶどう・干しぶどう(レーズン)

2001年、アメリカの研究グループから「干しぶどう(レーズン)を食べた犬(10例)が急性腎不全を発症した」という報告があがりました。

その後、英国からも4例の報告事例があったほか、2005年、先と同じアメリカの研究グループから43例の発症事例が発表され、ぶどう、特に干しぶどう(レーズン)摂取の危険性が広く知れ渡ることになりました。

残念ながら、現時点では原因物質については同定(特定)されていないようですが、ぶどうが腎不全を引き起こす原因となり得ることはデータとして事実ですので、絶対に犬猫が食べてしまわないよう、管理には十分お気をつけください。

\ お菓子に入っているレーズンにもご注意ください! /

バラ科植物の種子・果物

ビワ、アンズ、ウメ、モモなどのバラ科植物の種子、または果実(未成熟)には、天然の有害物質である「シアン化合物」が多く含まれています。

犬猫が転がして遊ぶのにちょうどいい大きさですので、保管にはお気をつけください。(誤って飲み込むのどや器官につまって呼吸困難を起こすおそれもあります。)

マカダミアナッツ

ぶどうと同じく原因は同定されていませんが、中毒症状が報告されています。

摂取後12時間以内に嘔吐、痙攣、後肢の麻痺、発熱、運動失調などの症状が発現します。

これまで報告にあがっているのは犬のみですが、猫も必ずしも発症しないとはいえませんので与えない方が無難です。

マカダミアナッツそのものも危険ですが、最も注意が必要なのがハワイのお土産の定番「マカダミアナッツチョコレート

マカダミアナッツ中毒とチョコレート中毒のダブルの危険がありますので、絶対に手の届く場所に放置しないようご注意ください。

お菓子・飲み物

チョコケーキ

チョコレート・ココアなど(カカオ含有)

原料であるカカオに含まれる「テオブロミン」が心臓や中枢神経を刺激し、嘔吐、発熱、痙攣、不整脈、ふるえなどの症状を引き起こします。

個体差があるため、症状の現れない子もいるようですが、場合によっては死に至る危険性もありますので絶対に与えず、また、犬猫が勝手に食べないようにもご注意ください。

キシリトール

今のところ犬のみでですが、キシリトールを少量でも摂取するとインスリン分泌促進作用が過剰反応し、急激な低血糖を引き起こすという報告があがっています。

低血糖症の他にふるえ、肝臓障害(急性肝不全)、嘔吐などの症状がみられることもあります。

有名なのはキシリトールガムですが、キシリトールは「甘味料」ですので、ガム以外にもチョコレートやグミ、タブレットなど他の製品に使用されていたり、また、プラムやいちご、カリフラワーなどにも含まれています。

犬では摂取後30分以内に吸収されるといわれており、食べたことに気づいたらすぐに吐かせるのが最善の方法ですが、間に合わず飲み込んでしまった場合には、血糖値が急激に下がらないよう糖分(ブドウ糖)を食べさせつつ、すぐに動物病院へ連絡し指示を仰ぐようにしてください。

「ブドウ糖」は市販されていますが、常備しているご家庭は少ないと思います。「ブドウ糖」がない場合には、応急的に「砂糖を少量なめさせる」でも可です。とにかく血糖値が急激に下がらないようにしてください。

絶対に犬猫の目に付く場所には置かないように、また、カバンや洋服のポケットに入れっぱなしのものを漁る可能性もありますので、その辺りにも十分気をつけるようにしてください。

ミルクティー・コーヒー牛乳・紅茶葉入りのシフォンケーキなど(カフェイン含有)

紅茶、日本茶、コーヒーなどに含まれる「カフェイン」の過剰摂取で、不整脈、心拍の上昇、痙攣などの神経系の異常を起こす危険性があります。

無糖のコーヒーや紅茶を好む犬猫は少ないと思いますが、牛乳を入れたもの紅茶葉の入ったシフォンケーキなどの加工品になると一気に嗜好性が増します。

とくに紅茶葉入りのケーキ類は、お茶のティーバッグを食べた犬で死亡例もあることから、与えないとともに、犬猫が勝手に食べないようにも注意が必要です。

アルコール・アルコールを含むお菓子など

こちらも甘口のカクテルなどだと舐めてしまう子がいないとも言えません。

また、お菓子の中には洋酒にしろ、日本酒にしろアルコールを使用したものがたくさんあります。

ヒトと違って、アルコール分解酵素を体内に持たない犬猫にとって、アルコールは単なる有毒物質です。

ほんの一口でも命取りになりかねませんので、絶対に飲まれないよう厳重に管理してください。

酔っぱらって前後不覚で寝てしまう、という方が宅飲みする際は、飲酒部屋に犬猫が入れないようにしておくようにしましょう。

(ヒトの体のためにも、お酒に飲まれないのがベストですけどね。)

スポンサーリンク

まとめ

以上、「犬猫に与えてはいけない危険な食べ物など」についてまとめてみました。

今回は一覧として羅列したかっため、「どのくらいの摂取で危険なのか」「過去の報告例はあるのか」「論拠となる出典は何なのか」といった一番重要な部分をごっそり省いてしまっています。

その点については、今後、各テーマごとに取りまとめたものを順次追加していく予定です。

機会がありましたら、そちらもご参照頂ければ幸いです。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました(^v^)

コメント