犬の熱中症|気温は何度以上だと危険?初期症状や応急処置の手順まとめ

犬いろいろ

毎日、お疲れ様です。

 

日に日に暑くなってきましたね。

気温があがってくると増えるのが、犬の熱中症

短時間で死に至ることもある、とても危険な状態異常です。

 

犬にとっては何度で熱中症の危険があるのか?

反対に、犬にとっての適温とは何度なのか?

 

また、いざというときの応急処置の手順についてもまとめましたので、

本格的に夏が来る前に、ご一読いただければ幸いです。

 

熱中症とは?

高温多湿な環境の下で、からだにこもった熱を放出できないことで生じる

さまざまな症状の総称です。

 

犬はヒトとちがって汗腺がほとんどなく、発汗による体温調整ができません。

くわえて全身を毛で覆われているため、

ヒトよりも熱中症を発症しやすくなっており、細心の注意が必要になります。

 

熱中症になる原因は?

  • 高温
  • 多湿
  • 風がない
  • 水分が不十分
  • 薬剤投与
  • 肥満
  • 被毛が多い
  • 基礎疾患(呼吸器疾患やけいれん等)など

高温多湿が原因になるのはもちろんのこと、

肥満や基礎疾患が原因で熱中症状態を起こすこともあります。

 

ということで、熱中症対策は季節にかかわらず行う必要があります。

 

熱中症になると、どんな症状があらわれる?

初期症状(熱けいれん)

  • 体温の異常はなし
  • 軽度の脱水
  • 軽度の胃腸障害

勘違いしているヒトも多いのですが「熱がある」などの状態はすでに中期で、

初期段階では犬のからだに臨床症状はとくに認められません。

 

逆に言うと、元気そうに見えても熱中症の初期段階にある可能性もあるため、

夏場は必ず水分を多めにとらせるようにしてください。

 

中期症状(熱疲労)

  • 40℃以下の体温上昇
  • 無気力、弱っている
  • 嘔吐、下痢
  • 顕著な脱水状態
  • 過度のパンティング(はぁはぁと大きく口をあけてする呼吸)

ヒトの目に見えて異常を感じる状態です。

この時点で気づけるかどうかで、予後がまったく異なります。

 

スポンサーリンク

 

末期症状(熱射病)

  • 41℃以下の体温上昇
  • 昏睡(意識消失)
  • ショック状態
  • けいれん発作
  • 不整脈

「熱射病」といわれる重度熱中症状態です。

多臓器不全、血液異常、脳の障害などが起こりはじめる、とても危険な状態。

手早く応急処置を行った後、大至急、動物病院へ連れて行ってください。

 

応急処置がされていなければ致死率は30%も高くなる

応急処置なし:致死率49%(2頭に1頭が死亡)

応急処置あり:致死率19%(5頭中4頭は助かる)

応急処置が行われていないケースでは致死率49%だったのに対し、

自宅での応急処置が行われていたケースでは致死率は19%まで減少する

とのデータもあります。

 

熱中症は時間との戦いです。

下記の応急処置の手順は、必ず頭に入れておくようにしてください。

 

応急処置の手順

初期症状(熱けいれん)段階

  • 涼しい場所に連れて行く
  • 食欲が落ちている場合は、消化の良いものを与える
  • 水を飲ませる(飲まないときは、肉の茹で汁などをまぜる)

水を飲まない場合などには、動物病院に連れていく

 

水を飲まなくても、水分を多く含んだ手作り食を与えた場合などは

水分もとれていますので問題ありません。

 

「体温は平熱でも、飲まず食わず」という場合は軽度の熱中症になっている

可能性もありますので、動物病院を受診しましょう。

必要があれば皮下点滴で水分を補うことになると思います。

 

スポンサーリンク

 

中期症状(熱疲労)段階

  • からだの表面を水道水で濡らし、扇風機の風を当てる
  • 飲みたいだけ水を飲ませる
  • タオルに包んだ氷のう(アイスパック)を動脈のある場所に当てる

からだを冷やしながら至急、動物病院へ連れていく

 

まだ自分で水を飲める段階ですので、水は飲むだけ飲ませてください。

からだの表面を水で濡らし、扇風機の風を当てながら冷やします。

濡れたタオルでからだを包むと、より熱放射率がよくなります。

 

水が苦手な犬も多いので、声をかけながら行ってみてください。

犬に優しく声をかけることで、自分自身のパニックも落ち着きますよ。

 

末期症状(熱射病)段階

  • からだの表面を水道水で濡らし、扇風機の風を当てる
  • タオルに包んだ氷のう(アイスパック)を動脈のある場所に当てる
  • 発作けいれんを起こしている場合には、ケガをしないようバスタオル等で包む
  • 口の中の泡やよだれを拭いて、気道を塞がないよう注意する
  • 頭蓋内圧をあげないよう、頭は下に向けない

すべての処置を継続しながら大至急、動物病院へ!

 

一番大事なのは、保護者があわてないこと。

 

愛犬がぐったりすればパニックになるのはわかりますが、

先に述べたように、この応急処置ができているかいないかで、

致死率は大きく変わります。

 

では、慌てないためにどうすればいいか?

答えは簡単。普段から訓練をしておくことです。

 

避難訓練のように普段から意識づけておくことで、

いざというときの対処のスピードは格段に変わります。

 

いいコミュニケーションにもなりますので、今度のお休みの日にでも

ぜひ愛犬と「熱中症対策訓練」をしてみてください。

 

\『これ濡れたタオルのつもりね!』「・・・・・・」/

 

応急処置で気をつける3つのポイント

いざ応急処置をする場合に気をつけていただきたいポイントは

以下の3つになります。

 

水が気管に入らないように注意する

意識がない状態や、けいれんをしている状態で水をかけていると

気管に水が入るおそれがあります。

口元をカバーし、口の中に水が入らないよう注意してください。

 

溺れないように注意する

タライなどに犬をつけて冷やす場合、どんなに水が少ない容器でも

溺れる可能性があります。

タライなどにつけている間は、絶対に犬から目を離さないでください。

 

氷水で冷やしてはいけない

氷水で冷やすと、体内の血液が冷えすぎてしまい、

冷却を止めても体温がさらに低下してしまうおそれがあります。

(※アフタードロップ現象)

 

41℃以上に上昇した体温は下げなければいけませんが、

その目標体温は39.4℃

体温は下がりすぎてもいけませんので、

氷水を使用しての冷却絶対にしないようにしてください。

 

犬にとっての適温/危険な気温とは?

愛犬を熱中症にしないために、犬にとっての適温が何℃くらいなのかを

知っておくというのも、一緒に暮らす家族の大事な努めです。

まずは、以下の表をご覧ください。

こちらの表は、ネグレクト(動物虐待)の診断に用いられるものです。

 

TACC

水色の線に沿ったところに1~5までの数値が書かれています。

このうち、「1」が犬にとっての適温、「5」が犬にとっての危険な温度となります。

 

犬にとって適温(安全な気温)とは?

縦軸はプラス気温(夏)、横軸はマイナス気温(冬)です。

 

「1」が適温を表しますので、

小型犬だと「冬は約15℃以上~夏は約19.5℃以下」が、

大型犬だと「冬は約6℃以上~夏は約15.6℃以下」が

それぞれ適温といえます。

 

犬にとって危険な温度とは?

一方、ネグレクト(動物虐待)に該当する数値「5」に該当する気温は、

小型犬だと「夏(約29℃以上)・冬(約-4.5℃以下)」、

大型犬だと「夏(約26.7℃以上)・冬(約-9.5℃以下)」。

すなわち、上記の気温が犬にとって危険な温度といえます。

 

安全な気温危険な気温
小型犬夏:約19.5℃以下

冬:約15℃以上

夏:29℃以上

冬:-4.5℃以下

大型犬夏:15.6℃以下

冬:6℃以上

夏:26.7℃以上

冬:-9.5℃以下

 

とはいえ、気温だけで判断するのは危険で、

放置した時間によっても大きな差が生じます。

 

たとえば、大型犬を24℃の日差しの元に1日中放置すれば、

点数的には3、4点ですが、熱中症を起こす危険は十分あります。

 

ネグレクトの診断では、これ以外にもさまざまな条件で点数の加算・減算があります。
興味があれば、こちらのページをご覧ください。

関連5点でネグレクト確定!愛犬家に知ってほしい判断指針(TACC)について

まとめ

前述したとおり、応急手当ができているかいないかで、

愛犬が助かる確率は30%も変わってきます。

 

5分だけだからと車内に犬を置いたままにしていませんか?

閉め切った部屋で愛犬を留守番させていませんか?

直射日光が当たる場所に犬小屋を設置していませんか?

散歩の時間、日は沈んでいても、まだ地面は暑くないですか?

 

いざという時あわてないために、

普段から熱中症対策訓練をしておくことも大事ですが、

そもそも熱中症にならないよう、

気温や湿度、風の有無などには十分注意するようにしてくださいね。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました(´v`)

コメント