犬にキシリトールはなぜダメ?危険な量と食べた時の対処法まとめ

犬いろいろ

毎日、お疲れさまです。

さて、今回は「犬とキシリトール」についてまとめていきたいと思います。

 

犬に与えてはいけないものにはさまざまありますが、実はキシリトールもそのひとつ。

 

ここでは、なぜ犬にキシリトールを与えてはいけないのか、

もし愛犬が誤飲したら、どんな症状が現れるのか、

どのくらいの量を食べると危険なのか、

誤飲したときはどう対処したらいいのかなどについてまとめていきます。

 

興味があれば、お付き合いくださいませ。

 

キシリトールって何?

カバノキ属の木々(白樺や樫など)の樹液を原料とする天然の甘味料で糖アルコールの一種です。

藁(わら)やとうもろこしの殻や芯などに含まれる「キシロース(木糖)」を

加工(還元)することでも精製されます。

 

甘味の強さはショ糖の65%ほどあり、くわえてカロリーは砂糖より25%も低いため、

(ちなみに、キシロースの段階だと甘味はショ糖の40%ほど)

ダイエット用食品糖尿病患者のための砂糖代用品として多く利用されており、

日本では1997年に食品添加物として登録(認可)されました。

 

また、抗う蝕(虫歯予防)作用もあるため、デンタルケア用品にも数多く利用されています。

 

「アルコール」ということはお酒なの?

糖質には、①糖類(砂糖・でんぷん由来の糖)、②その他の糖類、③糖アルコールがありますが、

キシリトールは③の「糖アルコール」に分類されます。

 

①糖類砂糖…甘藷(さとうきび)糖、甜菜(てんさい)糖
でんぷん由来の糖…ブドウ糖(グルコース)、果糖、麦芽糖など
②その他の糖類オリゴ糖、乳糖など
③糖アルコール糖質に水素を添加する、または微生物による発酵で作られる。

キシリトール、ソルビトール、エリスリトール、還元水飴など

 

なお、「アルコール」とつきますが、

この場合の「アルコール」は「炭化水素の水素原子を水酸基で置き換えた化合物」の意であって、

エチルアルコールとは別物であり、キシリトールに「酒の成分」などは一切含まれません。

 

キシリトールの含まれるもの

野菜・果物

プラム、いちご、ラズベリー、バナナなどの果物や、

カリフラワー、なす、レタス、ほうれん草、ニンジンなどの野菜に含まれます。

菓子類

チューイングガム、タブレット、グミ、チョコレート、プリン、ゼリー、缶詰のフルーツ、

キャンディ、クッキー、ジャム、ジュース、ケーキなど。

 

ノンシュガー、シュガーレスなどの表記のあるもの、あるいは清涼感をうたっているものに多く含まれます。

 

食品以外のもの

歯みがき粉・口腔洗浄液などデンタルケア用品、ウェットティッシュ、トローチ、

ハンドクリーム、消臭剤などにも使われています。

 

スポンサーリンク

 

このように、キシリトールは食品に限らず、さまざまなものに利用されています。

 

なぜ犬にキシリトールを与えてはいけないの?

対ヒトとの関係でキシリトールが糖尿病患者の砂糖代用品として使用されているのは、

他の糖質に比べて糖の吸収がゆっくり行われる(急激な血糖値の上昇がない)こと、

代謝するのにインスリンを必要としないこと、などの理由に基づきます。

 

しかし、これがイヌとの関係になると、対ヒトとはまったく異なる働きをします。

 

イヌがキシリトールを摂取すると、犬の体内でブドウ糖(グルコース)を摂取した時の

およそ6倍のインスリンが放出されます。

 

このインスリン(ホルモン)の働きは、「血液中の糖を細胞に取り込むこと」。

血液の中を流れている糖を捕まえては細胞に取り込み、体を動かすエネルギーにするのが

お仕事です。

 

インスリンが6倍放出される、ということは、糖を取り込む作業にかかる人員が6倍になる、

すなわち、ブドウ糖摂取時のおよそ6倍の糖が血液の中から取り出されてしまうということ。

 

その結果、血液中の糖が不足し、低血糖を起こしてしまうのですね。

 

 

これが「犬にキシリトールを与えてはいけない」といわれる理由になります。

誤って食べた場合、どんな症状が現れるの?

低血糖の影響により、おう吐、元気の消失、ふらつき、衰弱、発作などの症状がみられます。

 

また、肝臓障害を起こすケースの報告もありますが、

低血糖が進行した犬のすべてで肝障害が起こるわけはありません。

 

というわけで、低血糖状態が起こるのはインスリンの過剰分泌が原因と判明していますが、

肝臓障害が起こる原因については、

・低血糖状態によって引き起こされている

・肝細胞に障害を与える活性酸素が産出され、これが原因で肝臓が壊死したため

・キシリトールを代謝するためにATP(アデノシン三リン酸)が消費されるため(※下記参照)

などの原因が考えられていますが、現在のところあきらかになっていません

 

Q.ATP(アデノシン三リン酸)が消費されることが、どうして肝臓障害の原因なの?

 

ATP(アデノシン三リン酸)とは、生物が生きていくために必要なエネルギー源です。

キシリトールを代謝するために体内のエネルギーが消費されるため、

その他の臓器にまわすエネルギーが不足し、その結果、肝臓で障害がおこるのではないか、

という考え方です。

上述のとおり、これが肝障害の原因というわけではなく、あくまで可能性のひとつです。

スポンサーリンク

キシリトールを摂取した後、症状が現れるまでの時間は?

摂取後、20分ほどでインスリン濃度が急激に上昇し、40分ほどで最高値を示す場合もあれば、

24時間~30時間ほど経ってから症状が現れるケースもあります。

 

これらのデータから、摂取後、30分~2日(48時間)くらいは注意して様子をみる必要がある

考えられています。

 

なお、ミントとキシリトール(含有量100%のもの)を一緒に摂取すると、

ミントがキシリトールの分解と放出を促進させ、30分以内に体内に吸収されるため、

ミント製品と一緒にキシリトールを摂取した場合は早くに症状が現れるケースが多く、

より早急な対応が求められます。

 

ミントを含むキシリトールガムなど、【ミント製品+キシリトール】には特に注意!!

どのくらいの量を食べると危険なの?

市販のガムの1粒におよそ0.5g~1.5g(500mg~1,500mg)のキシリトールが含まれています。

 

犬がキシリトールを摂取した場合、100mg/kg以上の摂取で中毒症状を起こし、

500mg/kgの摂取で肝不全に関係してくる可能性があると考えられています。

 

これを具体的な数値に当てはめると、

犬の体重中毒症状を起こす量キシリトールガムだと
5kg500mg1粒
10kg1,000mg2粒
15kg1,500mg3粒

(※1粒…0.5mgとして計算)

となります。

 

とはいえ、この量を食べると必ず中毒症状を起こすというわけではなく、

① ガムなどを噛んだ(咀嚼した)回数

② 直近に食事を取っていたか否か(糖分が体内にどの程度あるか)

③ どのような状態のものを飲み込んだのか

(紙に包まれた状態のガムを飲み込んだのか、溶けやすいタブレットなのかなど)

などの状況の違いにより、症状が現れない場合もあります。

 

また、食事ととも食べた子では症状が出なかった、という報告もあり、

体内の糖分が少ないほど中毒症状が起こりやすいと考えられています。

 

スポンサーリンク

誤飲時の対処法について

まだ口の中にある場合

口の中でまだくちゃくちゃしているのであれば、大至急、取り出してください。

その際はタオルで口を広げるなどして、手を噛まれないように十分注意してください。

 

すでに飲み込んでしまった場合

すでに飲み込んでしまった場合は、キシリトールによるインスリンの過剰分泌により

低血糖を起こさないよう、糖分のあるものを少量ずつ何度か与えてください。

上述のとおり、体内の糖分が少ないと中毒症状を起こしやすくなります。

 

また、食物繊維にはキシリトールの排出を促す効果がありますので、

できれば糖分があり、かつ食物繊維も含むものがよいでしょう。

 

★糖分があり、食物繊維も含むもの★

・普段食べているフード(ドライフード・ウエットフード・缶詰など)

・さつまいも(干し芋・焼き芋)

・かぼちゃ(水煮・レンジで加熱したもの)

・りんご(一口サイズにカット・すりおろし)

・納豆ご飯(タレなし)

 

摂取後、すぐにこれらのものを少量ずつ、数度食べさせると同時に、

かかりつけの動物病院へ連絡し、その後の指示を仰ぐようにしましょう。

 

吐かせたほうがいい?

吐かせる行為は危険を伴います。

素人判断では決して行わないようにしてください。

 

「動物病院に連絡をしたら吐かせるように指示を受けた」という場合には、

必ず獣医師の指示にしたがった方法で吐かせるようにしてください。

 

なお、早ければ摂取後30分ほどで、すでに体内に吸収されている可能性があります。

体内に吸収されたあとで吐かせても、愛犬の体に負担がかかるだけで、

まったく意味がありません

 

動物病院に連絡する場合には、必ず「どのくらい前に、どのくらいの量を摂取(誤飲)したか

を伝えるようにしてください。

 

参考:禁忌食(その3)ー犬のキシリトール中毒
参考:犬における実験的Lactic Acidosis発症に及ぼすキシリトールの効果について

まとめ

ということで、犬とキシリトールについてまとめてみました。

 

肝臓障害の原因はまだ特定されていなかったり、データ量が少ないために

「犬にキシリトールは有害とは言い切れない」という考え方もあるようです。

 

どちらかというと、私もデータに論拠を求める方ですので、データ量が少ないというのは

「確かにそうだなぁ」という気がしないでもありません。

 

ですが「2006年にアメリカでキシリトールの中毒性に関する報告があった」ことは事実ですし、

なにより、キシリトールは犬にとって、必須アミノ酸のような絶対的に必要な栄養素という

わけではありません。

 

データは少ないとしても、中毒症状を起こした犬がいたことは事実ですし、

(ここ(科学論文)を疑うと、私たち素人は何を信じていいのかわからなくなります)

そもそも体に必要でないもののために危険を冒す必要はない、というのが私個人の考えです。

 

「君子危うきに近寄らず」。

 

キシリトールを避けたら無駄な出費が増える、というものでもありませんので、

キシリトールを含む食べ物などは愛犬に与えないよう、

また愛犬が誤って食べることのないようご注意いただければ幸いです。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました(´v`)

コメント