成犬のワクチンは毎年必要?3年ごとでもいい?国際的ガイドラインの考え方

ワクチン
スポンサーリンク

毎日お疲れさまです。

今回は成犬のワクチン接種の間隔について調べてみました。

ワクチンって毎年する必要はあるのかなぁ

成犬になってからは3年に1度でいいって聞いたけど、本当?

これらの疑問について、2015年にWSAVAのワクチネーションガイドライングループ(VGG)が発表したガイドラインに則って解説していたいと思います。

「今年のワクチン接種、どうしようかな」と考えている方にご一読いただければと思います。

興味があればお付き合いくださいませ。

子犬のワクチンスケジュール成犬とはまったく違うのでご注意ください

WSAVAとは

WSAVAとは、『World Small Animal Veterinary Association.』の略で、日本語にすると【世界小動物獣医師会】を意味し、その名のとおり世界中の多くの獣医師らで構成されています。

2004年、WSAVAにおいて「世界的に適用される犬および猫のワクチン接種に関するガイドラインを作ろう」という動きが起こり、これを目的とした『ワクチネーションガイドライングループ(Vaccination Guidelines Group、VGG)』が結成されました。

VGGは2007年に最初のガイドラインを発表。その後、2010年、2015年の改定を経て今に至ります。

今回のテーマに関する私の結論は、このVGGのガイドラインの1ページ目に書かれた以下の文章に要約されます。

ワクチンは不用意に摂取すべきでない。

以下、この結論の根拠を示していきます。

スポンサーリンク

ワクチンについて

ワクチンとは

ワクチンとは、感染症の原因となるウイルスや細菌から作られた薬の一種です。

病原性を無くしたり、弱めたりした病原体(抗原)を投与することで抗体をつくり、感染症に対抗する免疫を得ることを目的としています。

事前にイージーモードで敵と戦って攻撃方法を学習しておけば、ハードコアモードにしても同じ型の敵なら効果のあった攻撃方法で勝つことができる、という感じですかね。

 

ただ、弱毒化してあるとはいえ病原体を体内に入れるのですから、副作用を含め、何かしらの悪影響がある可能性もないとは言い切れません。

現に、VGGのガイドラインでも、

ワクチンはさまざまな免疫疾患のトリガー(きっかけ)となり得る

との報告があがっており、ワクチン接種慎重に行われなければならないことを示しています。

ワクチンの種類

犬のワクチンは、コアワクチン、ノンコアワクチンの二種に分類されます。

コアワクチン

犬のコアワクチンは世界中で感染が認められる致死率の高い感染症を予防するためのワクチンで、

  • 犬ジステンパーウイルス(CDV)
  • 犬アデノウイルス(CAV)※
  • 犬パルボウイルス2型(CPV-2)

が含まれます。

住んでいる地域やその病気にかかるリスクがあるか否かなどにかかわらず、すべての犬が接種すべきとされています。

日本では狂犬病ウイルスもコアワクチンに含まれており、1年に1度の接種が法律上の義務となっています。

※犬アデノウイルスについて
犬アデノウイルスには1型(犬伝染性肝炎)と2型(犬伝染性喉頭気管炎)がありますが、VGGのガイドラインでは「犬アデノウイルス2型のワクチンが利用できる場合、1型のワクチンは推奨されない」とされています。
日本で取り扱いのあるワクチンのうち「1型、2型どちらにも効果あり」としてあるものをいくつか調べてみたところ、弱毒性の犬アデノウイルス2型のみが成分に含まれていました。1型にもこれで効果がある、ということですね。

ノンコアワクチン

犬のノンコアワクチンは、コアワクチンと異なり、その病気がまったく存在しない地域やかかる可能性が非常に低い地域では接種しなくてもいい、と考えられているワクチンです。

  • 犬パラインフルエンザウイルス
  • レプトスピラ
  • ボルデテラ・プロンキセプチカ
  • ボレリア(ライム病)

が含まれます。

私が調べた限り、日本では犬パラインフルエンザウイルスレプトスピラがノンコアワクチンとして使用されていました。

※犬コロナウイルスについて
ノンコアワクチンの中には、犬コロナウイルスを含んでいるものもありますが、VGGのガイドラインによると犬コロナウイルスに関しては、「ワクチンを接種したから感染予防効果がある」とする科学的根拠はないとして、ワクチン接種を推奨していません。
犬コロナウイルスについては、ワクチン接種しなくてもよさそうですね。

ワクチンの免疫持続期間

コアワクチンの免疫持続期間=最長で終生持続

近年、市場に出回っているコアワクチンは非常に有用で、子犬の時にコアワクチンを接種した後、1回も追加せずに15年間予防効果が持続したというケースもガイドラインには載っています。

他にも、

  • オーストラリアの研究で、最後のワクチン接種から9年後の犬の血清に抗体が認められた
  • 日本からの報告で、最後のワクチン接種が14年前の犬に抗体が認められ、予防効果も持続していた

など、長期にわたりワクチン接種の効果が持続していたという報告が多数あがっています。

前述のとおり、ワクチンを接種するのは、体内に抗体を作るためです。抗体があるのにワクチンを接種する必要はありません。

現在、1年に1回ワクチンを接種している子も多いかと思いますが、実はVGGのガイドラインでは、『(コアワクチンは、子犬期の接種が完了したら)3年ごとよりも短い間隔で接種すべきではない』とまで記載されています。

VGGガイドライン
×「コアワクチンは3年に1度接種すべき」
〇「コアワクチンは3年ごとよりも短い期間で接種すべきではない」
スポンサーリンク

ノンコアワクチンの免疫持続期間=一般的に1年

一方、ノンコアワクチンの場合、効果の継続時間はコアワクチンほど長くはなく、レプトスピラに至っては、ワクチン接種後1、2ヶ月で抗体が検出されなくなるケースもあります。

ただ、抗体が検出されなくても12カ月は予防効果が続くことは証明されていますので、たとえばワクチン接種の4カ月後に抗体検査で抗体が検出されなくても、あわててワクチンを追加接種する必要はありません。

ノンコアワクチンは12カ月以上は効果が持続しませんので、摂取する必要がある場合には、1年に1回接種する必要があります。

コアワクチン:抗体があれば、毎年しなくてもよい
ノンコアワクチン:接種の必要がある場合には、年1回の接種は必要

コアワクチン接種を3年に1回にしたい場合、抗体検査(犬用ワクチチェック)をしてみましょう

じゃあ、ぼくは昨年注射したから、今年はしなくていいってこと?

ちゃんと抗体があればワクチン接種は必要ないよ。抗体検査をしてみよっか!

抗体検査??

 

繰り返しますが【コアワクチンは3年ごとよりも短い期間で接種すべきではない】というのがVGGのガイドラインの考えです。

ただ、日本においては、まだまだ『ワクチンは1年に1度するもの』の考え方が強く残っています。急に3年後となったら、何となく不安という方も多くいらっしゃると思います。

そのような場合、抗体検査をして愛犬の体内に前回接種したワクチンの抗体が残っているかどうかを調べる方法が『抗体検査(犬用ワクチチェック)』です。

抗体検査(犬用ワクチチェック)とは

抗体検査とは、その名のとおり「犬の体内に残っている抗体の量を調べる検査」をいい、「犬用ワクチチェック」という名称のキットを利用して行われます。

血液を採取するのでワクチン接種と同様、犬さんには注射を我慢してもらわなければなりませんが、その検査で抗体が認められればワクチンをする必要はなくなります

方法としては、①検査機関に依頼する、または②院内で検査するのふたつのパターンが取られますが、最近では②院内で検査できる(院内に検査キットがある)病院も増えているとのことです。みなさんのかかりつけの動物病院で院内検査ができるかどうかはわかりませんが、少なくとも①検査機関に依頼するという方法はとれるはずです。

「でも、ワクチンを接種したくないっていったら、獣医師の先生がイヤな気分になるのでは……」と心配する必要はおそらくありません。

なぜなら、残念ながら今のところ、犬用ワクチチェックの費用は、ワクチン接種と同等もしくはワクチン接種より高額だからです。

費用は病院によって異なります

取扱いがあるかも含めて病院窓口でご確認くださいね

メリットとデメリット

▼犬用ワクチチェックのメリット

  • ワクチンの過剰摂取を予防できる
  • 副作用が起こる確率を減らすことができる
  • 抗体があれば、ワクチン接種費用がかからない
  • 抗体がなくても、ワクチンを接種すればいいだけの話

▼犬用ワクチチェックのデメリット

  • 抗体がないことが判明した場合、検査費用とワクチン接種費用がかかる
  • 抗体がないことが判明した場合、二回注射をしなければならない
抗体検査で抗体あり → 抗体検査○ ワクチン接種×
抗体検査で抗体なし → 抗体検査○ ワクチン接種○

こうして書き出してみると、メリットの方が大きい気がしますね。

まとめ

ということで、VGGのガイドラインに則って成犬のワクチン接種の間隔についてまとめると、

  • 狂犬病ワクチン → 現在は法律上の義務なので、1年に1回接種する
  • コアワクチン → 3年に1回の接種で可
  • ノンコアワクチン → 必要があれば、1年に1回接種する

となります。

ただ、この考え方もすでに古くなりつつあり、ヨーロッパなどでは『抗体検査をしてみて抗体があれば、3年経っていてもワクチンは打たない』という流れに向かっているとのことです。

無駄なウイルスや細菌をわざわざ体内に入れる必要はありません。これは、とても良い風潮だと私は考えます。

日本でもこの考え方が広がり、抗体のある子が無駄なワクチン接種をせずに済むようになればいいなと思います。

今年、ワクチンどうしようかなぁ…

と悩んでいるという方は、一度かかりつけの獣医師に「犬用ワクチチェック」について尋ねてみられてはいかがでしょうか。

下記のURLから犬用ワクチチェックができる動物病院が調べられます。
ちなみに、私がかかりつけにしている動物病院の名前はありました。
犬用ワクチチェック製品ホームページ

最後までお付き合い、ありがとうございました('v')

 

参照
■WSAVA 犬と猫のワクチネーションガイドライン2015年版
■犬用ワクチチェック製品ホームページ(https://vaccicheck.jp/wp-vacc2/

コメント