犬と食べ物

スポンサーリンク
ペットフード

ペットフード公正取引協議会による証明があれば栄養学上問題ないフードといえるのか?

ペットフード公正取引協議会による証明はAAFCOの基準を満たしている、というだけのもの。それだけで栄養学上問題ないフードとは言い切れません。
ペットフード

犬の療法食を自己判断で使用(誤使用)したことによる健康被害について

良かれと思って療法食に変えたことで健康被害が出る恐れがあります。ネットなどで購入する場合には、獣医師の診断の上「これを食べさせるといい」と言われてからにしましょう。
犬と食べ物

犬にもジビエの生肉は危険!ジビエ肉を犬に食べさせたい方への注意点

ジビエ肉を使って加熱加工されたおやつは問題ないと思いますが、ジビエの生肉は病原微生物や寄生虫がいる可能性があり危険です。食用にする場合必ず加熱処理をしてください。
栄養

愛犬に必要な11のミネラル要求量をAAFCO栄養基準から計算する方法

カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレンの11のミネラルについてまとめました。
栄養

サプリメントに頼らない!犬に必要な【葉酸】が摂れる4つの野菜

葉酸は新しい赤血球を作り出したり、動脈硬化を予防したりと、とても優れた栄養素です。とくに妊娠期や成長期の犬さんでは適量を積極的に摂取するようにしてください。
ニャンコト

犬猫同居家庭は要注意!猫がドッグフードを食べると良くない4つの理由

「プロピレングリコール」は犬には使用できて猫には使用できない食品添加物です。犬猫同居のご家庭では十分にご注意ください。
ペットフード

犬に必要な13のビタミンの推奨量と過剰症・欠乏症まとめ

ビタミンA、D、E、K及びB群について、愛犬に必要な推奨量が具体的に求められるよう計算式を記載しました。各種ビタミン過剰症・欠乏症の予防にお役立ていただければ幸いです。
NG食材

犬にキシリトールは低血糖のおそれも!誤飲時に役立つ5つの食べ物

現在「肝臓障害を起こす」派と「データが少なく有害とは言い切れない」派の考えがありますが、犬の成長に必要な成分ではありませんので、私は避けることをおすすめします。
NG食材

犬にぶどうはダメ!食べた犬のうち死亡した割合と食べると危険な量

急性腎不全をおこす危険があります。ぶどうやレーズンはもちろん、それらの入ったお菓子やジャムなどの加工品も愛犬が誤飲しないよう、管理には十分気を付けてください。
犬と食べ物

犬にチョコレートはなぜダメなの?危険な量と誤食時の対処法まとめ

犬がチョコレートを食べても決して慌てて吐かせないようにしてください。犬が喉を痛めたり、飼い主さんが噛まれたりする危険があります。落ち着いて獣医師に指示を仰ぎましょう。
犬と食べ物

犬にネギ類がダメな理由は?原因物質と誤飲時の対処法まとめ

ネギが犬に悪影響を及ぼす原因物質について詳しく調べてみました。実際に食べた犬の具体例も4ケース調べましたが、個体差が大きいのであまり参考にならないかもです…。
NG食材

ペットに与えてはダメ!中毒を起こしかねない危険な食べ物など一覧

ダメなもの(生肉、骨、ヒト用の食べ物、生の卵白、ネギ、ツブ貝、生のほうれん草、アボカド、ぶどう、山菜、チョコ、キシリトール、アルコール他)要注意(乳製品、魚介類他)※一部抜粋
スポンサーリンク