犬にチョコレートはなぜダメなの?危険な量と誤食時の対処法まとめ

犬の食べ物

毎日、お疲れさまです。

さて、今回のテーマは「チョコレート」

対ヒトではカカオポリフェノールによる血圧低下や、精神の安定に深くかかわるセロトニンの分泌を促す効果によりリラックス作用をもつなど、さまざまな良い効能をもつチョコレートですが、にとっては健康を害するおそれがある食べ物であるとして多くの獣医師がその危険性を訴えています。

チョコレートの何がいけないのか

チョコレートの原料であるカカオ豆には「メチルキサンチン類」という化合物が含まれています。

メチルキサンチン類の代表的なものとしては「カフェイン」「テオブロミン」「テオフィリン」が挙げられます。

これらの成分が犬さんの体に悪影響を及ぼす原因物質とされています。

カフェインについて

紅茶やコーヒーなどに含まれる成分で、睡眠や疲れの抑制、興奮、利尿作用などをもちます。

カフェインが体内に入ると、血液に乗って脳に運ばれます。

脳には「アデノシン」という情報伝達物質と、それを受け止める「アデノシン受容体」という物質があるのですが、実はこの「アデノシン」と「カフェイン」の構造は非常によく似ています。

「カフェイン」が先に「アデノシン受容体」と結合してしまうと、たとえば『疲れた』『少し休もう』『寝た方がいいよ』などといった他臓器からのメッセージ(情報)をもつ「アデノシン」が「アデノシン受容体」と結合できなくなってしまいます。

その結果、(疲れたという情報が来ないので)「まだ疲れていない」「まだ寝なくていい」と体が勘違いしてしまい、結果、疲れや眠気を感じなくなるというわけです。

犬および猫では全般的にカフェインの効果が人よりも長く続くともいわれています。与えないように注意すべき物質のひとつとして覚えておくようにしてください。

さて、犬にとっては、この「カフェイン」も良くない物質であることに間違いないのですが、チョコレートに関しては次に記載する「テオブロミン」の方がより悪影響の強い物質となります。

テオブロミンについて

カフェインと同じく利尿、興奮、末梢血管や気管支の拡張、心臓刺激などの作用をもつメチルキサンチン類の化合物で、植物中に含有される天然の化学物質です。

カカオ製品を口にしたときに感じる「苦み」の主成分であり、カカオの含有量が多いほど(苦ければ苦いほど)含まれる「テオブロミン」の量は多くなります。

スポンサーリンク

口から入った「テオブロミン」は肝臓でメチルキサンチンに分解。

その後、メチル尿酸となり体外へ排出されるのですが、血漿中の「テオブロミン」の血中濃度が半減するまでにかかる時間はヒトでは6時間程度なのに対し、代謝酵素が弱い犬では17.5時間もかかってしまいます。

(ネコの実験データはありませんが、同様と考えられています。)

競走馬ではドーピングの対象薬物ともなっている「テオブロミン」の強い興奮作用や血管拡張作用などの薬理効果が、犬ではヒトの3倍長く続いてしまうわけです。

カカオを含む中毒の危険のある食品の例

ということで、チョコレートだけでなく、カフェインないしテオブロミンを含むすべてのものが与えてはいけない食品となります。

【例】
・チョコレート、チョコレート菓子
・ココア、ココアパウダー
・コーヒー
・紅茶、日本茶、抹茶、玉露、マテ茶
・コーラ など

前述のとおり、これらのメチルキサンチン類はカカオ豆に含まれていますので、カカオ豆を原料とするものには、すべて含まれることになります。

食品裏の成分表を確認し、『カカオマス』『ココアパウダー』『カカオエキス』などの表示があるものは与えないように、また犬さんが勝手に食べないようにご注意ください。

 

▼参考画像(一例)


チョコレート中毒について

では、具体的にどれほどの量を摂取したらチョコレート中毒(メチルキサンチン中毒)になる危険性があるのか、どのような症状が発現するのかなどについて個別に見ていきましょう。

犬にとって危険な量とは?(体重10㎏の犬の場合)

テオブロミン含有量(㎍/g)㎍→㎎/g換算1g中→100g中に換算100g中最高含有量(㎎)中毒危険性のある摂取量(犬10㎏)
紅茶10~470.01~0.0471~4.74.7約19,149g
ココア750~1,0000.75~175~100100約900g
ウーロン茶10未満0.01未満1未満1約90,000g
チョコレート2,000~13,0002~13200~1,3001300約69g
チョコレート菓子560~2,7000.56~2.756~270270約333g
珈琲10未満0.01未満1未満1約90,000g
緑茶・日本茶10未満~460.01未満~0.0461未満~4.64.6約19,565g
玉露200.0222約45,000g
抹茶460.0464.64.6約19,565g
紅茶 茶葉46004.6460460約196g
紅茶ティーバック25002.5250250約360g
緑茶 茶葉12001.2120120約750g
玉露 茶葉10001100100約900g
日本茶ティーバック15001.5150150約600g
マテ茶茶葉90009900900約100g

数値参照:「【調査・資料】食品中のカフェイン、テオブロミン及びテオフィリンの含有量」よりテオブロミンの数値だけ抜き出したもの。

 

【上記表について】

1テオブロミン含有量(μg/g)その食品1g中に含まれる量(μg:マイクログラム)
2μg→㎎に換算わかりやすくするためμgを㎎に換算(1000倍)
31g中→100g中に換算さらにわかりやすくするため「1g中」を「100g中」に換算(100倍)
4100g中最高含有量(㎎)100gあたり含まれる量の最大値
5中毒危険性のある摂取量(犬10㎏)犬さん(10㎏)が摂取すると中毒症状が起こる可能性のある最少量(900㎎)

 

※なお、5の数値を求めるにあたっては、「テオブロミンの毒性は90~100㎎/㎏体重で発症する」というペット栄養学会誌の論文を前提条件としています。

参照:ペット栄養学会誌15(1):36-38 2012 禁忌食(その2)―チョコレートと柴犬の健康

以下、上の1~5を解説していきます。

まず、1~3までは上で説明したとおりで、2、3はわかりやすくするために倍数にしただけです。

4については、たとえばココアでは3の数値が「75~100」となっていますが、これはおそらくミルクココアかビターココアかで数値が異なるためだろうと思われます。

(カカオの含有量が多い(苦い)ほうがテオブロミンは多く含まれるため)

チョコレートで数値差があるのもミルクチョコかビターチョコかの違いでしょう。

市場にはさまざまなココア製品が販売されています。

あなたのおうちの犬さんが摂取してしまったものが、どの程度テオブロミンを含むかわからない以上、最悪の状況を考えて行動するのがベストです。

ということで、今回はいずれも各数値の中で最大値を用いて計算しています。

スポンサーリンク

さて、根拠を示すために長々と解説しましたが、みなさんに知っておいていただきたいのは上記の表のうち、一番右はじの数値

ここには、上記の論文に基づき、「その食品をどのくらい食べると、中毒症状を起こす危険性があるか」をまとめた数値を記載しています。

「テオブロミンの毒性は90~100㎎/㎏体重で発症する」ということは、平均体重10㎏の犬さんだと900㎎の摂取で発症の可能性があることになります。

 

これを上記の表で見ていくと、

ココアの場合、100gの中にテオブロミンが100㎎含まれていますので、約900g食べると含有量が900㎎に到達します。(ちなみにスプーン山盛り1杯で5gだそうです。)

チョコレートの場合ですと、100gの中にテオブロミンが最高で1,300㎎含まれていますので、約69gで含有量が900㎎に到達します。(市販の板チョコは1枚55g~58gです。)

中毒を起こす可能性がある量
ココア約900g(スプーン山盛り1杯で5g)
チョコレート約69g(市販の板チョコは1枚55g~58g)

※なお、この計算はカカオ含有量が豊富のもので計算しています。ミルクチョコレートなどではテオブロミン含有量はもっと低くなると考えられます。

また、紅茶の茶葉そのものを196gも犬さんが食べるということはないでしょうが、パウンドケーキクッキーなどの焼き菓子に茶葉類を使用しているものもあります。これらにも十分ご注意ください。

焼き菓子

チョコレートの誤飲で、どんな症状がみられるか

起こりうる症状としては、初期に嘔吐、下痢、パンティング(口をあけてハアハアと呼吸すること)、落ち着かないなどの症状がみられます。

悪化すると体温の上昇、けいれん、尿量増加、筋肉の震えなどが起こりはじめ、最悪の場合には昏睡から死に至ることもあります。

症状があらわれるまでの時間

通常、チョコレートなどを口にしてから4~5時間後に初期症状がみられ、それから半日の間に上記のさまざまな症状があらわれます。初期の段階で行動できるかどうかが、かなり重要であることがわかります。

誤食時の対処法

チョコレートやココアは口の中に入った瞬間に溶けてしまいますので、吐き出させるのは難しいかと思います。

それでも、銀紙ごと飲み込んだ場合など口の中にあるのがわかるときには、早急に口中から取り出してください。

素人が吐かせるとかえって危険なことも

飲み込んでしまった場合、かかりつけの獣医師にすぐに連絡し、食べた量を伝え指示を仰ぎましょう。

「食塩水やオキシドールで薄めた水を飲ませて吐かせる」といった方法を推奨しているホームページもありますが、私はおすすめしません。

(※詳細は後述しますが、特にオキシドールの使用は素人判断で行わないようにしてください。)

普段は落ち着いている保護者の方でも、チョコレートやタマネギを食べたとなると「急いで吐かせなきゃ!」と慌ててしまい、それが元で誤嚥させてしまったり、または犬のノドなどを傷付けてしまったりするおそれがあるためです。

また、無理やり口をこじ開けることで保護者の方が咬まれてケガをする場合も多いです。

動物病院に行っても、あまりにも食べた量が多い場合などには、催吐剤などを用いて吐かせることになるか、胃洗浄が必要になるかもしれませんが、ほとんどのケースで様子見になることが多いようです。

吐かせなくてもいいのに、無理に吐かせて体に負担を与えてしまわないよう、まずはかかりつけの獣医師に連絡してみて下さいね。

動物病院で行なわれる催吐処置

トコンシロップや過酸化水素(オキシドール)などを経口投与する方法とキシラジンやトラネキサム酸を注射によって投与する方法があります。

一般的にはオキシドールを用いる動物病院が多いようですが、オキシドールを使用すると胃内がはげしくただれる(糜爛する)ため、胃内の炎症が治まるまで治療を続ける必要があります。(※オキシドールの使用を止めたのはこのためです。)

では、トラネキサム酸の方がいいかというと、こちらは本来「止血剤」ですので、「催吐剤」としての使用は推奨されていません

ですので、副作用がないとはいいきれない、というのが弱いところですね。

何にせよ、残念ながら、今のところテオブロミンの解毒薬はありません。

愛犬に無駄な苦しみを与えないためにも、チョコレート類の管理には十分ご注意ください。

スポンサーリンク

ホワイトチョコも犬に与えちゃダメ?

収穫されたカカオ豆は乾燥され、焙煎、磨砕の工程を経て、「カカオマス(冷却・固化したもの)」と「カカオリカー(液体のもの)」に分けられます。

さらに、この「カカオリカー(液体)」をプレス機で圧搾すると「ココアパウダー」と「ココアバター」に分離されます。

さて、ホワイトチョコは、このうち「ココアバター」のみを使用して作られているのですが、実はこの「ココアバター」には非脂肪カカオ分のひとつであるテオブロミンは含まれていません

NG成分を含まないということは、誤って犬が食べてしまってもチョコレート中毒を起こす危険性はない、ということになります。

とはいえ、ココアバターは油脂ですので、たくさん食べれば脂肪分の摂りすぎによる弊害は起こり得ます。

チョコレート中毒の危険がないとはいえ、ホワイトチョコもきちんと管理し、愛犬が勝手に食べないよう十分気をつけてあげてくださいね。

※追記

「ホワイトチョコにもテオブロミンが含まれる」とする獣医師のサイトを拝見しました。私は見たことがありませんが、もしかするとココアバターだけではなく、ココアパウダーを使用しているホワイトチョコもあるのかもしれません。

ホワイトチョコでもパッケージの原材料名に、『カカオマス』『ココアパウダー』『カカオエキス』などの表示があるものは十分管理にお気をつけください。

まとめ

危険な量のところで示した表を見る限り、チョコレート・チョコレート菓子・紅茶葉以外は摂取量がかなり多くなるので、(どう考えてもそんなには食べきれないため)あまり危険性がないようにも思えます。

とはいえ、上記の表で記載した数値は、あくまで理論上のものです。ペット栄養学会では中毒を起こす危険性のある数値は『90㎎/体重1㎏あたり』としていますが、もっと少ない『50㎎/体重1㎏あたり』で中毒を起こすと考えておられる獣医師もいらっしゃいます。

先に述べたとおり、テオブロミンは競走馬ではドーピングの対象になるほど強い効能を持っています。

個体差もありますので多少食べても平気な子もいるとは思いますが、実際に犬さんがチョコレートなどを誤って食べてしまった時には、必ずかかりつけ獣医師に相談し、指示を仰ぐようにしてくださいね。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました(´v`)

コメント