7.犬の認知症診断|100点法で愛犬の認知症レベルをチェックしよう

100point-method健康管理ノート
スポンサーリンク

犬の認知症チェックに用いられる測定方法に【犬の認知症の診断基準100点法】というものがあります。

これは、1997年に動物エムイーリサーチセンターの内野富弥先生が作成されたもので、当てはまる項目にチェックし、最終的な合計点数で愛犬の認知症レベルを診断する、というものです。

さっそくですが、愛犬の現在の状態を思い浮かべながら、以下の10個の項目について、それぞれ(1)〜(5)のうちひとつを選択し、点数を合計してみてください。

食欲

(1)正常1
(2)異常に食べるが下痢もする2
(3)異常に食べて、下痢をしたりしなかったり5
(4)異常に食べるがほとんど下痢をしない7
(5)異常に何をどれだけ食べても下痢をしない9

生活リズム

(1)正常(昼は起きていて、夜は眠る)1
(2)昼の活動が少なくなり、夜も昼も眠る2
(3)夜も昼も眠っていることが多くなった3
(4)昼も夜も食事以外は死んだように眠り、夜中から明け方に突然動き回る。
飼い主による制止がある程度は可能
4
(5)上記の状態を制止することが不可能な状態5

後退行動(方向転換)

(1)正常1
(2)狭いところに入りたがり、進めなくなると後退する3
(3)狭いところに入るとまったく後退できない6
(4) (3)の状態で、部屋の直角コーナーでの転換は可能10
(5) (4)の状態で、部屋の直角コーナーでも転換できない15

歩行状態

(1)正常1
(2)一定方向にフラフラ歩き、不正運動になる3
(3)一定方向にのみフラフラ歩き、旋回運動(大円運動)歩きになる5
(4)旋回運動(小円運動)をする7
(5)自分中心の旋回運動になる9
スポンサーリンク

 排泄状態

(1)正常1
(2)排泄場所をときどき間違える2
(3)所かまわず排泄する3
(4)失禁する4
(5)寝ていても排泄してしまう(垂れ流し状態)5

感覚器異常

(1)正常1
(2)視力が低下し、耳も遠くなっている2
(3)視力、聴力が明らかに低下し、何にでも鼻を近づける3
(4)聴力がほとんど消失し、臭いを異常にかつ頻繁に嗅ぐ4
(5)嗅覚のみが異常に過敏になっている6

姿勢

(1)正常1
(2)尾と頭部が下がっているが、ほぼ正常な起立姿勢をとれる2
(3)尾と頭部が下り、起立姿勢をとれるが、アンバランスでフラフラする3
(4)持続的にボーッと起立していることがある5
(5)異常な姿勢で寝ていることがある7

鳴き声

(1)正常1
(2)鳴き声が単調になる3
(3)鳴き声が単調で、大きな声を出す7
(4)真夜中から明け方の決まった時間に突然鳴き出すが、ある程度制止は可能8
(5)(4)と同様であたかも何かがいるように鳴き出し、全く制止できない17

感情表出

(1)正常1
(2)他人および動物に対して、何となく反応が鈍い3
(3)他人および動物に対して、反応しない5
(4)(3)の状態で飼い主にのみにかろうじて反応を示す10
(5)(3)の状態で飼い主にも全く反応がない15

習得行動

(1)正常1
(2)学習した行動あるいは習慣的行動が一過性に消失する3
(3)学習した行動あるいは習慣的行動が部分的に持続消失している6
(4)学習した行動あるいは習慣的行動がほとんど消失している10
(5)学習した行動あるいは習慣的行動がすべて消失している12

まとめ

いかがでしたでしょうか?

合計点数が

30点以下なら : 普通の老犬
31~49点なら : 痴呆予備犬
50点以上なら : 痴呆症の犬

となります。

残念ながら、現在のところ認知症に特効薬はありませんが、例えば ② 生活リズム や ⑧ 鳴き声 で(5)を選択されたような場合には、サプリメントなどを使用することで愛犬はもちろん、愛犬を介護する家族にも穏やかな生活を取りもどすことも可能かもしれません。

そのような場合には、一度獣医師に相談されることをおすすめします。

※サプリメント類の独断での使用はビタミン等の過剰摂取になる恐れがあります。使ってみたいなというサプリメント等がある場合には、必ず獣医師に相談の上、使用されるようにしてくださいね。

 

次回は、【8.適正体重チェック】の仕方についてまとめてみます。

愛犬の体重が適正かどうか、気になっている方はお読みいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

コメント