ペット保険は何で選ぶ?失敗しないための10の選び方と7つの注意点

お金の話

毎日、お疲れさまです。

さて、ペットが高齢化してくると、いつ、どんな病気にかかるかわかりません。

治療が長引いたり、毎日服薬や点滴が必要になったり、難しい手術をしなくてはならなくなったり。

もちろん、「愛するペットの病気が治るのであれば、いくら出しても惜しくない!」という方もいらっしゃるでしょうが、人間なら1~3割負担ですむ治療費も、公的保険のないペットでは全額が家族の負担に……。

そんなとき、家族の金銭的負担を軽減してくれるのがペット保険!

その名のとおり、ペットが動物病院で診察、入院、手術などを受けた場合に、かかった費用を一定割合の範囲内で補償してくれる保険です。

一昔前は「ペットのための保険!? 画期的~!」てなもんでしたが、今や、大手保険会社もちらほら参入する一大事業。

「詳しくは知らないけど、聞いたことはある」って方も多いと思います。

でも、一大事業であるがゆえに、ひとつ大きな問題も。

それは「たくさんありすぎて、どれを選べばいいのかわからない」ということ。

私も仕事柄、よくペット保険について尋ねられるのですが、いろいろ説明しても、最終的にいわれるのは、「うーん、よくわかんない。結局、どれが一番いいの?」

うん、ですよね。気持ち、すごいわかります。

でも、「一番いい」っていうのが曲者なんですよね。

というのも、その人のいう「一番いい保険」が「少ない掛け金で最低限の補償があるもの」を指すのか、「入院や手術だけじゃなく、通院も補償してくれるもの」を指すのか、はたまた、「掛け金は高くても、年間支払額が100万以上あるもの」を指すのかによって変わってくるからです。

そこで今回は、

1.加入するとどんなメリットがあるのか?
2.どうやって選んだらいいのか?
3.選ぶ際に注意すべきポイント

の3点について、私が思いつく範囲で記載してみたいと思います。

もし、今、この記事をお読みいただいている方の中に、ペット保険への加入を考えていらっしゃる方があれば、

▼自分がペット保険に入るのは、どんな補償を望むからなのか

▼どんな補償があれば満足するのか

▼そのためには、何を基準に選んだらいいのか

を一緒に考えながらお読みいただければと思います。

1.加入するとどんなメリットがあるの?

ⅰ)病気を早期に発見できやすい

病院代を気にせず病院につれていけますので、病院に連れて行きやすくなり、病気が早期に見つかりやすくなります。

ただし、病院代を気にせず、とはいえ人間の公的保険と違ってまだまだ窓口清算ができる保険はまだ少なく、一旦全額支払った後、その領収証などを保険会社に送って割合に応じた返金を受ける、という形が多いので、その点はご注意ください。

提携の動物病院であれば窓口清算も可能、という保険もありますので、窓口での現金払いをできるだけ抑えたいという方は窓口清算のできる保険に加入された方がいいでしょう。

(当該保険と提携している動物病院を探す必要がありますが)

ⅱ)病院代の自己負担金が少なくてすむ

加入している保険の割合に応じて治療費の一部または全部が補償されますので、自己負担金が少なくてすみます。

補償割合は30%~100%までと幅広く、100%補償してくれる保険に加入すれば、もちろん自己負担金は0!

ただし、その分掛け金は高くなります。

毎月ないし毎年の支払いが大変でないか、きちんと確認した上で加入されるようにしてくださいね。

ⅲ)治療の選択肢が増える

それまでは値段の面で検討外だった治療も、ペットの状態次第では行えるようになるかもしれません。

高額で試せなかった薬や出来なかった検査ができるようになれば、それだけ治る可能性も増しますね。

2.どうやって選んだらいいの?

先に述べたように、近年、ペット保険を取り扱う会社は徐々に増えており、それに伴い、通院をメインにしたもの、手術に重きをおいたもの、補償割合が高いもの、補償割合は低いけれども掛け金が安いもの、割引ができるもの、各種特約がついたもの等、保険のタイプにもさまざまなパターンのものが用意されるようになりました。

選択肢が増えることは消費者にとって喜ばしいことですが、増えすぎると何を目安に、どう選んだらいいかわからない、という状況にもなりがちです。

とはいえ「保険は難しいし、わからないから入らない」では、ちょっともったいない気もするのです。

「保険には入らない」という方も、「(わからないから)保険には入らない」ではなく「(知っているけれど)保険には入らない」に変えられるよう、少しの間、お付き合いいただければと思います。

「(わからないから)保険には入らない」は、ちょっともったいない。

毎月(毎年)の掛け金で選ぶ

そもそも毎月(毎年)の掛け金が支払えないのであれば、保険に加入することはできません。

家族が無理せず支払える範囲内の保険を選ぶようにしましょう。

なお、支払方法には月払いと年払いがありますが、年払いにすると割引がある場合が多いです。

補償割合で選ぶ

補償割合には治療費などの30%を負担(70%が自己負担)してくれるものから100%すなわち全額負担してくれるものまで、さまざまです。

全額補償は魅力的ですが補償割合が高くなればなるだけ、その分掛け金も上がります。その点ご注意ください。

年間支払限度額・限度回数で選ぶ

年間支払限度額とは、その名の通り1年間に支払われる保険金の限度額で、この金額を超える分については補償の対象外となってしまいますので注意が必要です。

高いものでは年間支払限度額が100万円を超えるものもありますので、どれくらいの補償があれば安心かを考えた上で、お選びいただければと思います。

また、支払限度は『1年あたりいくら』という限度のほかに、『1回あたりいくらまで』または『年何回まで』といった限度があるものもありますので、その点も注意なさるようにしてください。

対象動物で選ぶ

ほとんどの保険が犬猫を対象にしていますが、中にはうさぎや爬虫類などの小動物が加入できるものもあります。

補償対象で選ぶ

通院するたびに補償があったほうがいいのか、はたまた手術の際だけ補償があればいいのか。

すべてのペット保険が、すべての状況を補償してくれるわけではありません

通院だけを補償するもの、手術だけを補償するもの、また、入院についても、すべての入院を補償するもの、手術に伴う入院しか補償しないもの、と保険によってその補償対象はさまざまです。

加入した後で、「この保険、通院補償ないの!!Σ(゚д゚lll)」なんてことにならないよう、しっかりチェックしておくことが大切です。

各保険の補償範囲は必ず加入前にチェックしてくださいね!

加入年齢で選ぶ

ほとんどの保険で新規加入年齢に制限があります。

加入したい保険の新規加入年齢をペットが超えている場合、加入することができませんのでご注意ください。

各種割引で選ぶ

たくさんのペットがいるご家庭に嬉しい『多頭割引』、Webから加入すれば安くなる『Web割引』、1年間元気だったご褒美の『無事故・健康割引』、マイクロチップを装着している子では『マイクロチップ割引』なんていう割引も。

\ 「多頭割引」でおねがいします /

保険会社によって内容はさまざまですので、ご加入の際には、その保険会社がどんな割引をしているのかについても気をつけてみるとお得なプランが見つかるかもしれません。

各種特約で選ぶ

ペットが他人やよその動物、または他人のものなどを傷つけた際の補償をする『ペット賠償特約』、ペットが亡くなった際の葬儀などの費用の一部を負担する『葬儀費用特約』、後足が立たなくなった際の車いす購入費の一部を負担する『車いす特約』など、各種特約をつけることのできる保険もあります。

窓口清算できるかどうかで選ぶ

窓口での保険の清算ができれば、手持ち現金が少なくてすみますし、また「支払った後に領収証などを保険会社に送って割合に応じた返金を受ける」といった手間もかからないので、とても楽です。

ただし、窓口清算は当該保険と提携している動物病院でしかできません。

かかりつけの動物病院が当該保険と提携していない場合には、窓口清算することできませんので、その点ご注意ください。

獣医師による24時間健康相談があるかないかで選ぶ

保険加入の特典として、24時間電話相談を行っている保険会社があります。

真夜中の異常などの際、すぐにつながる電話があるのは安心ですね。はじめて犬を育てるご家庭で不安がある方などには、ありがたい特典だと思います。

3.選ぶ際の注意すべきポイント

次に、よくよく注意してみなければ「きいてない……」ということになりかねない、見落としがちな7つのポイントについてまとめてみました。

Check❶ クーリング・オフの可否

ご存知の方も多いと思いますが、保険期間が1年以下の保険契約の場合、クーリングオフ(契約申込みの撤回等)は対象外

なので、1年以下の保険契約の形が多いペット保険には、クーリングオフのついていないものが多々あります。

ただ、クーリングオフの期間を自主的に設けている会社もありますので、初めて保険に入る方で不安があるという時は、クーリングオフを設けている会社の保険に加入された方がいいかもしれません。

Check❷ 補償対象の範囲

何度もいいますが、「保険に入ったはいいけれど、よく見たら○○は対象外だった」なんてことがあっては笑い話にもなりません。

通院を補償してほしいのであれば、その保険が通院を対象にしているか、あるいは、手術のときの費用負担を希望するなら、その保険が、自分の愛犬が行おうと考えている手術を補償しているのか、しっかりと確認するようにしてください。

Check❸ 支払限度額及び回数

年間支払限度額のところでもお伝えしましたが、いくら保険に加入しているといっても、湯水のようにじゃぶじゃぶ保険を使えるわけではありません。

限度額を超えると補償の対象外となり、すべて自己負担金となってしまいます。

また、『1年あたりいくらまで』という限度のほかに、『1回あたりいくらまで』または『年何回まで』といった限度があるものもあります。

その点も注意なさるようにしてください。

保険を選ぶ際には、たとえば昨年1年間に愛犬にかかった病院代などを参考にして、どの程度の補償があれば安心して病院に通えるか、お考えいただければと思います。

支払限度額の確認も忘れずに!

Check❹ 終身加入できるのか否か

ペット保険には終身(一生涯)加入できるものそうでないものがあります。

終身加入できない、ということは一定の年齢にきたら、継続して保険に入ることができない、ということです。

齢をとれば病気にかかりやすくなります。

保険金の請求額も比例して増えることは間違いないでしょうから、保険会社の気持ちもわからなくもないですが、一生懸命長生きしてくれている子に対して「○歳以上になったら継続しません」というのは、何だかちょっと寂しいですね(´-ω-`)

Check❺ 何%を補償してくれるのか

これも先でお伝えしたとおり、補償割合には治療費などの30%を負担(70%が自己負担)してくれるものから100%すなわち全額負担してくれるものまで、さまざまな種類の保険があります。

もちろん補償割合が高くなれば、その分掛け金も上がりますので、掛け金との折り合いをみながら、加入しようとしている保険は治療費等の何%までを負担してくれるものなのか、しっかりチェックしておかれてください。

Check❻ 最低支払対象治療費

最低支払対象治療費とは『この金額に満たない支払いは補償対象外』という金額です。

たとえば、あなたがA社の手術保険に入ったとします。

その保険には『最低支払対象治療費10,000円』という条件がありました。

あなたは保険に加入していますので、愛犬が手術になったらA社から手術保険が支払われるはずですよね。

でも、もしも、このときの手術費用が9,000円だったら支払われません。全額9,000円が自己負担です。なぜなら『最低支払対象治療費』に届いていないから。

つまり、本ケースの場合『最低支払対象治療費10,000円』に満たない手術費用9,000円は、一切補償してもらえないのです。

逆をいえば、10,100円なら保険対象になる、ということですね。

これはけっこう見逃しがちですので、必ずチェックするようにしてください。

Check❼ 補償外の病気・治療

ペット保険はすべての病気、ケガを補償してくれるものではありません。

よくよく見ると「この手術もダメなの? この治療もダメなの?」というように、保険対象外の治療や手術もけっこうあります。

ちなみに、ほとんどの保険で補償対象外なのが『ワクチンで予防できる病気』『正常な妊娠・出産』『病気予防としての去勢・避妊手術』『爪切り』『歯石取り』『病院外で使用する薬用シャンプー類』等々。

「その手術が目的だったのに、それに保険が使えないんじゃ意味がない!」とならないように、保険加入の前には、どんなときに保険がおりて、どんなときに保険がおりないのか、しっかり目を通すようにしておいてくださいね。

ペット保険への加入を考えている方へ

最後に、この記事を読んだけれど、よくわからない、という方へ。

よくわからないまま加入する前に、ご自分が興味をもったペット保険を取り扱っている保険会社に直接電話をしてみて下さい。どんな質問にも丁寧に回答してくれますよ。

しかも、ほとんどの保険会社がフリーダイヤル

これは利用しないともったいない。

気になることがあれば、何でも訊いちゃいましょう!

 

\ すいません。ちぃと質問ばよかですか /
電話する猫

どんな時にどんな補償が受けられるのか、気になる方は一度、各保険の資料を取り寄せてみられることをおすすめします。

各種保険の資料(無料)を一括請求した上で、上記の「選ぶポイント」の中で自分が一番重視するものを軸にして、いろんな保険をぜひ比較してみてください。保険ごとに、いろいろ特徴があるので面白いですよ。

あなたと愛犬にベストな保険が見つかりますように。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました(´v`)

コメント