硫酸第一鉄

スポンサーリンク

おもに色調調整剤として使用される。

強酸性物質のため、吸入すると気管やのどの粘膜等が刺激されることがある。

 

化学物質の急性毒性の指標であるLD50の実験データのうち、

ラットでは319 mg/kg強い毒性を示していることもあり、

入っている物は避けたほうがよいと思われる食品添加物のひとつ。

 

【各数値】

◆使用・保存基準:規定なし

厚生省告示第370号 各添加物の使用基準及び保存基準に定められている使用量等の最大限度。

 

◆ADI:情報なし

Acceptable Daily Intakeの略。一日摂取許容量※の意。

※一日摂取許容量……生涯毎日摂取し続けても影響が出ないと考えられる一日あたりの量。

 

◆LD50:

・ラット 319 mg/kg(強毒性)

・マウス 1,520mg/kg (※ただし、「飲み込むと有害」の記載あり)

・ウサギ 750mg~1,000mg/kg(中毒症状が現れ、肝臓に出血性壊死認める)

化学物質の急性毒性の指標。マウスなどの動物に投与した場合、
数日でそのうちの半数を死亡させると推定される試験物質の量。
数値が低いほど致死毒性は強い
一般的には1,500mg/kg以上で安全とみなされている。