穀物

スポンサーリンク

【穀類の定義】

すべての穀物の穀粒、挽き割り、穀粉およびその加工物、穀類の精白、製粉時の副産物、およびその加工物・製造粕類、植物性タンパク濃縮物

米、玄米

犬は穀物の消化が不得手ではあるが、穀物は貴重なエネルギー源でもある。

入っていて問題はないと思われる。

小麦アレルギーなどでグルテンフリーの素材を求めているのであれば、米や玄米を使用したフードを選ぶとよい。

脱脂米糠

玄米を精米するときに生じる「糠(ぬか)」から油分を抽出して乾燥させたもの。

ふすまと並ぶ代表的原料で、繊維分を多く含んでいる。

米糠は「γーオリザノール」という抗酸化物質を有しており、ヒトとの関係では「コレステロール値を下げる効果がある」とされるものの、これは油分に含まれているため、油分が搾られた脱脂米糠には残っていない。

脱脂米糠がペットフードに入っていても特に問題はないが、積極的に取る利点はほとんどないといえる。

また、米糠に含まれるリン(P)は犬には分解できない形態(フィチン態)のため、脱脂米糠を用いているペットフードに「総合栄養食」と表記がある場合は、必要なリン(P)は脱脂米糠とは別のもので補充されていることが予想される。

大麦、小麦、オーツ麦、グルテン

麦のアレルギーに要注意。(麦アレルギーの多くは小麦アレルギー)

グルテンとは、大麦、小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。小麦に水を加えて捏ねることで生成される物質で、小麦アレルギーの原因となる。

オーツ麦自体にはグルテンは含まれないが、加工工程で混入する可能性があるので注意が必要。

気になる方は「グルテンフリーと記載のあるフード」か「穀物不使用のフード」もしくは「使用穀物が米・玄米のフード」を選ぶとよい。

麦アレルギーのない子では、与えても特に問題はない。

小麦ブラン(ふすま)

ブラン(ふすま)……小麦粒の表皮部分で、豊富な栄養成分を含む。

ふすまは祖繊維含有が高く、便通を整える効果があるが、犬には消化しにくく、また嗜好性も低い(食いつきがよくない)。

入っていても問題はないが、積極的に摂る利点はなさそう。

胚乳部分と比べると少ないものの、グルテンが含まれるので注意が必要。

全粒大麦

精白などの処理をしておらず、上記「ふすま」などの部位が取り除かれていない大麦。ちなみに、玄米や発芽玄米は「全粒穀物」。

精白したものより栄養価や食物繊維は高いが、その分消化しにくくなる。

長時間満腹感が続くのでダイエットフードなどでよく使用される。

麦のアレルギーのある子は避けること。

麦アレルギーのない子では、ペットフードに入っている程度の量を与える分には特に問題はない。

とうもろこし、コーン、コーングルテン

コーングルテン…とうもろこしからとれる植物性タンパク質。

とうもろこしはアレルギーの要因になりやすいこと、また、遺伝子組み換え表示の義務はないため、生産国が外国のものでは遺伝子組み換えのものが使用されるおそれがあることから、積極的におすすめはしない。

購入する際は、「遺伝子組み換え表記」を必ずチェックすること。