ミートミール類

スポンサーリンク

チキンミール、ビーフミール、ポークミールなど。

 

「動物の体または体の一部から生じる全ての副生物及びその加工品」、

すなわち、頭部、脚部、内臓、骨粉など、

通常ヒトが食さない部位を含む肉加工品のことを指す。

 

肉類/肉副産物」と同義。

 

牛由来のものに関しては、2001年10月1日、BSE(牛海綿状脳症)を契機に

農水省が牛由来副生物の使用を禁止していたが、2007年12月に規制緩和され、

現在は「食用肉や食用脂身から製造される獣脂かす(肉粉)に限り

使用が認められている。

 

【許可項目】

・牛に由来する獣脂かす(食品の製造工程から発生するものに限る )及び

それのみに由来する肉粉(以下「肉粉等」という )の

ペットフード原料用としての製造及び工場からの出荷

・牛に由来する肉粉等を含むペットフードの製造及び工場からの出荷

参照元:ペットフード原料としての動物由来物質の取扱いについて【農林水産省】
(http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/eisei/purion/02/pdf/data2.pdf)

 

粗悪なものでは「病死した動物の肉を使用している」ともいわれているが、

明確な証拠が提示されているわけではなく、真偽は定かではない。

 

ミートミールは脂分を多く含む(脂肪は酸化しやすい)ため、

酸化防止剤の使用は必須。

 

いずれにしろ通常ヒトの口には入らない部分を使用することは事実であり、

避けたほうがよい。