ローズマリー抽出物

スポンサーリンク

ローズマリー(天然ハーブ)から抽出した成分で、ローズマリーエキスと表記されることもある。

ミックストコフェロールと同じく、天然型の酸化防止剤

天然ではあるが、

ビタミンEおよびBHT (2および6-di-tert-ブチル-4-クレゾール) より強い抗酸化機能を有している。

参照:J-stage 総合論文「ローズマリー抽出物」 著:城戸浩胤

(https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/4/10/4_409/_article/-char/ja/)

とのこと。

安全なうえに合成酸化防止剤より強い抗酸化機能があるなら言うことなしだが、市販のフードで使用されているものは、少し値の張るフードのみ。おそらく高価なのだと思われる。

ペットフードに入っていても問題ない。

【各数値】

◆使用・保存基準:規定なし

厚生省告示第370号 各添加物の使用基準及び保存基準に定められている使用量等の最大限度。

 

◆ADI:情報なし

Acceptable Daily Intakeの略。一日摂取許容量※の意。

※一日摂取許容量……生涯毎日摂取し続けても影響が出ないと考えられる一日あたりの量。

 

◆LD50情報なし

化学物質の急性毒性の指標。マウスなどの動物に投与した場合、
数日でそのうちの半数を死亡させると推定される試験物質の量。
数値が低いほど致死毒性は強い
一般的には1,500㎎/㎏以上で安全とみなされている。