増粘安定剤

スポンサーリンク

増粘安定剤とは、食材に粘性を増やし、食品の成分を安定させるために

使用される食品添加物。

 

一般的に下記の三種類があり、目的ごとに異なる添加物が使用される。

◉増粘剤……粘り気やとろみを出す

◉安定剤……ゼリー状に固める

◉ゲル化剤……液体と固体をゲル化した状態で安定させる

 

ちなみに、増粘安定剤の表記として「増粘多糖類」と書かれたものが

よく見かけられるのは、以下の理由による。

 

 

別添 添加物2-1及び別添 添加物2-3の用途欄に増粘安定剤と記載された

多糖類を2種以上併用する場合には、簡略名として「増粘多糖類」を使用して

差し支えない。

参照:消費者庁 食品表示基準について(6ページ1行目)
(http://www.caa.go.jp/foods/pdf/160331_tuchi-togo.pdf)

 

ということで、「増粘多糖類」とだけ表記がある場合、

2種以上の多糖類が使用されたことは推測されるけれど、

何が使用されたかはわからない、というのが現状である。

 

日本でよく増粘安定剤として使用されるもの

カラギナン

キサンタンガム

ペクチン