犬の歯が折れたら治療にいくらかかる?中央値から考える治療費の目安

犬の健康
スポンサーリンク

毎日、お疲れさまです。

今回のテーマは犬の歯の破折について。

ヒトの歯とちがって、奥歯がギザギザにとがっていたり、立派な犬歯があったりと丈夫そうに見える犬の歯ですが、実はとても折れやすいということはご存知でしょうか。

ここでは、

  • 口の中に異常があるときの症状
  • 歯が欠けていた場合、治療は可能なのか
  • 抜歯をするのはどんなケースか
  • 治療費はいくらくらいするのか

についてまとめていきます。

興味があればお付き合いくださいませ。

こんな様子があったら要注意。口腔内に異常があるときの症状

歯が折れたり、割れたりすることを「破折(はせつ)」といいます。

飼い犬の27%(およそ10頭に3頭の割合)に見られる、という報告があるほど、犬の破折は起こりやすいのですが、口の中のことなので気づかれにくく、症状が悪化して慌てて病院を受診する、という保護者さんも多く見られるようです。

「初期の段階で気がつけば治療が可能だったのに、もう抜歯するしかない……」

なんてことにならないよう、普段から愛犬の口まわりの動きには、しっかり注意して見ておかれるようお願いいたします。

以下のような症状があった場合、口の中で破折を含む何らかの異常が起こっている可能性があります。

  1. くしゃみ、鼻水が出る
  2. 顔(目の下あたり)が腫れている
  3. よだれが多い(口のまわりがべたべたと汚れている)
  4. 口臭がする
  5. ご飯を食べたそうにするけれど食べない
  6. 硬いものを避け、柔らかいものだけ食べる
  7. 片方の歯でばかり噛んでいる
  8. こぼしたり、突然食べるのを止めたりする
  9. あくびなど口を大きく開けることができない
  10. 口元を触らせない
  11. 口元を前足でこすったり、地面にこすりつけたりする
  12. 歯茎が赤く腫れている
  13. 噛んだものに血がついている

このような症状が見られるときには、すぐさま口の中をチェックし、歯が折れていないか、左右で形が違う歯がないかなど確認してみてください。

【注意】

普段から口の中のチェックや歯みがきをしなれている子だとスムーズに確認できると思いますが、日常あまり口元を触らせない子の場合、むりやりこじ開けようとすると、お互いにケガをする可能性があります。

自分ではチェックできない、チェックすると危険だと感じた場合には、何もせずに動物病院に連れて行き、保護者さんがおかしい(いつもと違う)と感じたことを、そのまま獣医師に伝えてみてください。

スポンサーリンク

歯が折れていた場合、どんな治療が必要?

歯が折れると一言にいっても、ちょっと欠けただけか、ぱっかり根元から折れてしまったのか、あるいは硬いものを噛み続けたことで削れてしまったのか、歯の破折にはさまざまなケースが考えられます。

歯が折れたり割れたりした場合、まず確認しなければならないことは「歯髄(しずい)」が見えているかどうかです。

歯髄は見えていないケース

表面のエナメル質、その中の象牙質、さらにその奥にある神経や血管を通す組織のことを「歯髄」といいます。(歯の構造自体は犬もヒトも同じです。)

1.原因が分かっている場合、そのものの使用中止

歯が折れたり、欠けたり、あるいは削れたりしているけれど、歯髄までは見えていない(露髄していない)という場合で、原因がわかっているときは、ただちにそのものの使用を中止します。

犬の破折は、わかっているもののうちのおよそ90%が硬いものを咬むことで起こっています。現在、下記のものを与えているという方は、別のおやつ、おもちゃに変更されることをおすすめします。

【破折が起こる主な原因物質】

  • 牛などのひずめ
  • 硬式ボール
  • フリスビー
  • ヒマラヤチーズ
  • 乾燥した豚耳
  • ナイロン製の骨型ガム
  • 動物の骨 など

その他、硬いものを与えていない場合でも、家具などを咬む癖がある子もご注意ください。

2.コーティングによる保存・修復

歯の欠けた部分にコーティング剤による修復を施すことで、それ以上の摩耗による悪化から歯を保存します。

なお、口を開けたままにする必要がありますので、歯の治療は一般的に全身麻酔下で行われます。

スポンサーリンク

歯髄まで届かないような小さな歯の欠けなどのケースでは、コーティング剤による歯の保存もできるようですが、実際には犬の歯が破折している場合そのうち3/4は歯髄が露出(露髄)している可能性があるという報告(一番破折しやすい第四前臼歯では、露髄の確率はもっと高い)があります。

歯髄が露出しているときは、以下の治療の対象となります。

歯髄が露出しているケース

犬はほとんど虫歯にならない、というのはよく聞く話ですが、これは口の中に細菌がいない、ということではありません。

歯髄が見えている場合、この口腔内にいる細菌が歯髄に入り込み、根尖(こんせん)部分に炎症を引き起こします(「根尖」とは歯の根元のとがった部分のこと(上のイラストだと二本のでっぱりの先端部分)をいいます)。

これは、城門(エナメル質と象牙質)を閉じて守っているにもかかわらず、本丸への隠し通路がさらされているお城のようなもの。早急に隠し通路をふさぎ、敵の侵入を防がなくてはいけません。

1.歯肉治療

歯肉治療とは、歯髄が見えているけれど、根尖部分の炎症がひどくない場合や感染のおそれがない場合に行う治療法で、抜歯はせず、象牙質と歯髄をできるだけ保存することを目的におこなう治療になります。

歯髄の状態によって、➀歯髄を残す方法と、②歯髄を除去する方法がありますが、いずれの方法をとるかは診察の中で獣医師が判断することになります。

➀歯髄を残す…歯髄の上に覆罩(ふくとう)剤をおいて歯髄を保護する方法
②歯髄を除去する…歯髄を除去して充填(じゅうてん)剤を充填する方法

歯肉治療をするつもりでも、破折してからかなりの時間が経っている場合や、破折が歯肉の下にも深く入り込んでいる場合などには、抜歯しなければならないこともあります。

治療の前には必ず獣医師の説明をしっかり聞くようにしてください。

2.抜歯

以下のような場合、通常、抜歯となります。

  • 破折が歯肉の下にも深く入り込んでいる
  • 破折してからかなりの時間が経過している
  • 根尖部分の炎症が重度である
  • 歯肉治療の予後に心配がある※
※「歯肉治療の予後に心配がある」について

歯肉治療は犬の歯を残せるかわりに、治療後は、定期的な診察のほか、保護者による歯みがきなどのデンタルケアが欠かせません。

せっかく歯肉治療をして歯を残してあげられても、治療後の歯みがきがうまくできずに歯周病などが起こってしまうと、また全身麻酔をしての治療が必要となってしまい、愛犬にさらなる負担をかけることにもなりかねません。

とはいえ、愛犬があまり口を触らせないタイプの子の場合、治療の予後(歯みがきなどの歯のケア)に自信がないという方もおられることと思います。

もし、愛犬が今現在まだ子犬で「社会勉強はこれから」という状態であれば、ぜひ口元を触ることに慣れさせ、歯みがきをする努力をしてみてください。

しかし、もしも愛犬がすでにシニア期に入っている場合、なかなか今から歯みがきに慣れるのは難しいのではないかと思います。これから先、全身麻酔での治療に耐えられるか、という問題もあるでしょう。

場合によっては、無理やり口をこじ開けて、お互いにストレスを感じながら歯みがきをするより、抜歯をしたほうがいいこともあるかと思います。歯を残すか、抜歯するか、十分に獣医師と相談して決めるようにしてください。

歯の治療は全身麻酔になるケースがほとんど。なるべく犬に負担にならないよう、歯を残すか、抜歯するか、治療前にしっかりと獣医師と話し合って決めてくださいね。
スポンサーリンク

歯が折れたときの治療費はいくら?

では歯が折れたなど歯の治療をする場合、いくらくらいかかるのでしょうか。

以下に一般的に考えられるものだけ列挙していきます。

実際にどのような治療をするかは動物病院ごとに異なると思いますので、詳しくは獣医師、もしく動物病院の受付の方に尋ねてみられてください。

全身麻酔下での治療ですので、考えているより高額になることもあります。通常、費用についても獣医師からの説明はあるかとは思いますが、もし説明がない場合には、必ず術前に「だいたい、全部でいくらくらいかかりますか」と尋ねておくようにしてくださいね。

なお、それぞれの金額については、日本獣医師会の平成27年6月の意識調査の中央値を参照しています。

■参照:平成27年6月 家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査及び飼育者意識調査調査結果 日本獣医師会

初診料または再診料

治療や処置の前には必ず問診、診察が必要になります。

その病院の利用状況に応じて、初診料あるいは再診料がかかります。

▼初診料(中央値):1,386円

▼再診料(中央値):726円

術前検査の費用

全身麻酔による治療ができるかどうかを調べるために、さまざまな術前検査を行う必要があります。

まず、全身麻酔に耐えうるかを調べるための血液検査、生化学検査

さらに、歯の破折が目視ではよく確認できないときなど、破折の状態を調べるため口腔内X線検査(場合によっては、口腔内だけではなく、全身のX線検査をすることもあります)。

その他、超音波検査、心電図検査など、その子の状態によって獣医師が必要と感じる検査を行うことになります。

その子の状態によって術前検査の内容はことなります。こちらに記載したものが必要でないこともあれば、これ以外の検査が追加して必要になることも十分に考えられます。

▼血液検査(CBC検査:中央値):1,864円

▼血液検査(生化学検査:中央値):4,625円

▼X線検査(造影剤なし:中央値):3,354円

▼X線検査(造影剤あり:中央値):5,921円

▼超音波検査(心エコー:中央値):3,698円

▼超音波検査(腹部エコー:中央値):3,204円

▼心電図検査(中央値):2,521円

歯の治療費と全身麻酔の費用

歯科治療は、暴れると口の中をケガする危険がありますので、ほとんどのケースで全身麻酔をして治療にあたります。

治療にはコーティング剤による保存・修復、歯肉治療、抜歯とお伝えしましたが、意識調査では【歯石除去、抜歯、根管治療】の3つのデータしかありませんので、そちらを記載しておきます。

▼鎮静(中央値):3,326円

▼全身麻酔(中央値):10,020円

▼歯石除去(中央値):8,849円

▼抜歯(中央値):3,491円

▼根管治療(中央値):3,920円

スポンサーリンク

実際に計算してみると……

仮に、以下の条件(検査内容)で計算してみると、

  • 初診:1,386円
  • 血液検査(CBC検査):1,864円
  • 血液検査(生化学検査):4,652円
  • X線検査(造影剤あり):5,921円
  • 超音波検査(心エコー):3,698円
  • 鎮静:3,326円
  • 全身麻酔:10,020円
  • 歯石除去:8,849円
  • 根管治療:3,920円

合計:43,636円。けっこういい値段になります。

しかも、この金額は(全国平均値というわけではなく)あくまで中央値ですので、実際にはもっと高くなることが予想されます。

もし治療費に不安がある場合には、ペット保険に入ることも検討されてみてはいかがでしょうか。

破折は繰り返す?

参照論文のデータによると、破折した犬のうち、およそ40%の犬が別の歯を破折しているということです。

上記のとおり、犬が歯を破折してしまうと最悪、全身麻酔下での抜歯となる恐れもあります。それが繰り返しとなると、愛犬の身体的負担はもちろん保護者さんの精神的、経済的負担も非常に大きなものになります。

噛み癖をなおすのは根気のいる訓練で大変だとは思いますが、愛犬のためにもできるだけ早い段階でなおすようにしてあげてください。

まとめ

今回みなさんにお伝えしたいのは、ギザギザで強そうだけど「実は犬の歯はとても折れやすい」ということ。

特に、山と山が交差するように嚙み合わさる犬の奥歯は、その間に物がはさまったときに横にしなって折れやすいため、奥歯でガリガリと硬いものを噛んでいるのに気づいたときは、すぐに止めさせるようにしてください。

また、口の中をチェックしたけどおかしなところはなかった、と思っても、実際には欠けた部分に歯石がたまって素人目には気づかないことも多いです。

残念ながら折れた歯は元には戻りませんが、状況によっては抜歯をせずに済む可能性もあります。

歯髄が露呈していると、そこから細菌が体に入り込み、全身の各臓器に悪影響をおよぼす恐れもありますので、遊んでいるときに歯が折れたときはもちろんのこと、最初に記載した「口の中に異常がある場合の症状」があるときにも動物病院を受診し、歯が折れていた場合には、なるべく早めの治療ができるようにしてあげてくださいね。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました(‘v’)

 

■参照論文
・歯が折れてしまいました!さあ、どうしよう? 1.犬と猫の破折歯の疫学的特徴(https://www.jstage.jst.go.jp/article/dobutsurinshoigaku/22/3/22_84/_pdf)
・歯が折れてしまいました!さあ、どうしよう? 2.折れた歯を温存する?抜歯する?(https://www.jstage.jst.go.jp/article/dobutsurinshoigaku/22/3/22_88/_pdf)

コメント